« 2009年12月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年1月

寿新春初春大歌舞伎 夜の部(2010.1.20 歌舞伎座)

サークルの後輩と歌舞伎座で見てきました。
演目は、
「春の寿」
「菅原伝授手習鑑〜車引」
「京鹿子娘道成寺」
「与話情浮名横櫛〜木更津海岸見染場、源氏店」。

「春の寿」。
新春らしい華やかな舞台です。
春の君の梅玉さんがいい〜
品があって王朝風の衣装にぴったり!
梅玉さん、好きなんです。
花の姫の福助もきれい!
滑稽な役も出来るけど、こういう純粋にきれいなお姫様も出来るのね。
雀右衛門さんは体調不良により、女帝は魁春が代役。
魁春、もうちょっとぱっとして欲しいんだけどな。
梅玉さん魁春さん兄弟は、応援してるんだけどなあ。

「車引」。
芝かんの桜丸、吉右衛門の梅王丸、幸四郎の松王丸という豪華な顔ぶれ。
そんな中で、富十郎さんの時平は圧倒的な存在感でした。
決して体格は良くないけれど、堂々たるものでした。
声もよく通り、3階席でもはっきり聞き取れます。
富十郎さん、好きな役者じゃなかったのですが、すごいですねえ。

「京鹿子娘道成寺」。
勘三郎の花子。これは酷い。
踊りの上手い下手は分からないいけれど、一つ一つの動作が荒すぎます。
比較対象が玉三郎や歌右衛門だから余計酷く感じるのかも。
色っぽさも無いし、女の情念も感じない。

「与話情浮名横櫛」。
大好きな演目の一つです。
こんぴら歌舞伎で仁左衛門・時蔵でかかったビデオを、すり切れるほど見ました。
今回は染五郎・福助コンビ。楽しみです。
染五郎の与兵衛は姿が美しい!芝居の台詞を借りて言うなら、「とかくいい顔には生まれたいもんだ」。
台詞まわしはまだまだだけど、月初めに観に行ったときより(実は2回目なんです)確実に進歩していました。
これからが楽しみな役者です。
福助は時蔵とは大違い。時蔵の方はスタンダードで、福助は笑いの要素がいっぱい。
これはこれで福助らしくて面白いですね。


文句がありながらも、全体的に楽しい舞台でした。
一緒に行ったY君、君のおかげで余計楽しくなったよ。ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン作り、難しい~

最近パン作りにはまっています。
昨日もおとといもその前も作りました。
しかし人にあげられるのは昨日のキャロットテーブルパン だけ

一昨日のフォカッチャはなんだかボソボソ。

その前のは、少量のイーストで長時間低温発酵させる方法だったのですが、ぜ~んぜん発酵せず膨らまない。
仕方なく温度を上げて膨らませるも、上手くいかず。
オーブンに放り込んでみたものの、カチンコチン。

今日の出来も素人の趣味だよねってくらいです。
002

007

ほんのり、オレンジ色の焼きあがり。
でも手作りって素朴になっちゃったけどいいものです。

パン作りって料理やお菓子とは違う魅力があります。
生き物相手にしてるところとか。
温度や時間を調節してイースト菌を育てるのは面白いです。
最初ベタベタだった生地がグルテンの力で次第にまとまってく快感。
まとまらないとイラッとするんですけどね…

パン作り、いつまで続くことやら…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

3日はお出かけ。

正月3日は再び関東風お雑煮で始まります。
教育テレビの「新春能狂言」を見つつ、せっせと野菜を型抜きしたり蒲鉾を飾り切りしたのですが、どうでしょう?
002
三つ葉飾りを忘れた…
お雑煮ってごちゃっとして美しく撮るの難しいです。
単に欲張りで盛りすぎるからかもしれないけど
蓮根を一節丸ごと煮たものも蓮屋の定番おせち。
008

午前中、母は新巻鮭と格闘。
011
「こういうのは普通男の仕事なのに」とブチブチ言いながら、好物なので自分でやります。

私は運転練習として、家から20分強の霞ケ浦大橋へ行ってきました。
渡ってすぐの観光物産店から、霞ケ浦と遠く筑波山を望み。
019
物産店では餅つきイベントが行われていたようです。
無料でつきたてお雑煮を頂きま~す。
022

020

「霞ケ浦あゆみ太鼓」なるものの力奏も。
042
特別興味があった訳じゃありませんが、間近で見ると迫力あってカッコイ~

霞ケ浦大橋。
047
遠望。まっ平らですね。
046

大橋の近くにはこんなショボイ水族館もあります。
059

霞ケ浦は帆引き船発祥の地でもあります。
061

午後は父と二人で、県北の東海村にある村松山虚空蔵堂へ初詣。
こんなとこの近くにあります…
067

ここ、兄弟3人全員の合格祈願をしてパスするくらい、相性がいいんです(勿論努力もしましたよー)。
混雑まではいかないまでも、まだ人は多いです。
070

本堂。
071

破魔矢と、露店で「懐かしい~」と綿あめを十何年ぶりかで購入。
076

絵馬には「何を書こう?」と考えたら、真っ先に家族の健康が思い浮かびました。
家内安全なんて昔は気にも留めなかったのに、人は年々変わっていくものですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年家おせち

二日はまず京風白味噌お雑煮で始まります。
2010_003
丸餅、八つ頭、蒲鉾、人参、大根。
元旦の関東風はキリッと引き締まる感じ、二日の京風はほっとする感じです。

今日は風は少し強いものの、快晴な関東平野です。
2010_006

午後から夜にかけ、叔母夫婦、祖父の妹夫婦、兄夫婦を迎えて宴会です。
母がすご~く楽しみにしている箱根駅伝を見ながら(前の年どの選手が何位で通過したかまで知ってる)、せっせと盛り付けをしました。
センスのない私はノータッチ(^-^;

マラソン興味ないんですが、箱根駅伝はついつい見てしまいます。

牛蒡抜きに感嘆し、途中棄権とか走り終えて倒れこむ姿にほろっとしたり。

ちなみにここだけの話(って言っても家族も友達もこのブログ知ってるんですが)、私の初恋の人は義理の叔父、その次は息子の従兄でした。
幼稚園から小学校の話です。
そんなちっちゃい頃からオヤジ好みは始まってたんですねえ(笑)オヤジ好きなんです。昔叔父が来る時はドキドキしてましたよ。
叔父は今でも中々な男前です。

閑話休題。
有田で買ったオードブル皿に盛り付けた家おせち。
既製品には(既)と書きます。
2010_012
じゃじゃーん。

2010_014
左皿から、鮎家の昆布巻(既)、切りイカの甘煮(既)、酢ばす。
右皿は薄味煮しめ。くわい、梅型人参、筍、里芋、高野豆腐、絹さや。

2010_015
同じく左皿から、ピーナツなます、黒豆(豆も自家栽培です)、栗きんとん。
右皿、濃い味煮しめ。レンコンの丸煮、干しシイタケ、牛蒡、手綱蒟蒻(こちらも芋から自家栽培手作り蒟蒻です)、宝袋。

2010_016
鶏ロール(既)、焼豚。
伊達巻(既)、酢ダコ(既)、数の子(既)。

違うお重に詰めたもの。
2010_017

皿盛り。

2010_003_2

自家製たくあん。

2010_004

 

いかがでしたでしょう?
母の力作です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お正月から、ご馳走作り。

皆様、明けましておめでとうございます。
ごゆるりとお過ごしでしょうか。
たらたらしたブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ではまず、干支とは関係ないベストショットから!
Pict0107
くぅ~かわゆい!

今日は大荒れの地方も多かったようですね

関東平野のド真ん中の実家は、雲ひとつない晴天でポカポカ陽気でした

さて、我が家の年末年始の習慣を。
我が家では大晦日に大掃除をし、おせちを作り、夕飯に蕎麦を食べます。
そして年が明けると同時に、料亭などで買ったおせちを食べ、元旦の遅めの朝食に関東風のお雑煮を食べます。
二日の朝は京風の白味噌お雑煮、昼間から夜にかけて親戚が集まりおせちで大宴会。
三日はまた関東風お雑煮、おせちの残りをさらえます。

年越し蕎麦は、下宿の近くのスーパーで見つけた十割蕎麦の乾麺。
十割なのでブチブチ切れやすいですが、味があって美味しい!

「明けましておめでとうございます」と挨拶が済んだら、買ったおせちを。
今年はホテルオークラのミニおせち和・中セットでした。
最初はお屠蘇を~
2010_008
私はお酒飲めないので、ちょびっと舐めるだけ。

さて、和風おせち。
2010_007
魚介類をあまり食べない我が家でも、ほとんど売り切れるくらい食べやすいおせちでした。

中華。
2010_010
こちらは甲殻類オンパレード。
野菜もイマイチ。
やはりおせちは和風だよね~。

元旦のお雑煮。鶏肉入れ忘れたけど、一番だしで美味しい。
2010_015
元旦のは角餅・大根・人参・ナルト・三つ葉(・鶏肉)。
普段の出汁はだしの素ですが、お正月の雑煮やおせちには必ず一番だしを使います。
美味しいのはわかってるけど、中々毎日は出来ないんですよねえ。

おせちは明日の宴会でオードブル皿に盛り付けたのを紹介する予定。
大皿盛りつけは去年と同じ写真になりそうなので。

さて、クリスマス前からぶっ飛ばしな感じで料理やお菓子作りをしている私は、元旦から飛ばしています。
今日作ったのは、昨日作りきれなかった宝袋(油揚げに具を色々詰めたものです)。

そしてお菓子はいつもレシピのお世話になっているマジカルキッチンさんから。
ミニミルク食パンオレンジマーマレードパウンドケーキ
2010_018
パンはシンプルだけどほんのり甘みがあり、飽きない美味しさ。
オレンジマーマレードパウンドケーキはしっとりした焼きあがり。
上にもマーマレードとラム酒を混ぜたのを塗って~
2010_024

パンは元旦昼の軽食用。
ケーキは明日来る叔母のために。

夕飯は十割蕎麦と同じスーパーで買った同じメーカーの九割蕎麦(笑)。
違いがあるんかいと思ったら、大違い。
ゆでる時も切れないしダマにならないししなやか。
でも風味は落ちます。
十割蕎麦、スーパーから無くならないといいなあ。

こんな感じで元旦を過ごしました。
皆様の家ではどのようにお過ごしでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年5月 »