« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

出会いあり、別れあり

子供が産まれました。
私じゃありませんよ~ヤンヤン夢牧場 の羊です。
春に6頭生まれて、昨日また1頭生まれました。
冬を前にしても産むんですねえ。
雄か雌か確かめようとすると、最近凶暴になってきた雄羊が突進してきて近づけず、まだわからないそうです。

くどくど言うより、生まれたてホヤホヤのショットをどうぞ!

015
ホヤホヤ~立つところです。

018
母羊と一緒に。

021
お父さんお母さんとかな?

019
可愛い~

020
毛づくろい。

022
いっぱいお乳を飲んで、大きくなるんだよ

さて、お別れもあります。
最初雌が3頭もらってきたのが、雄が来て4頭に。さらに春に子供が6頭生まれて10頭に。
次に1頭生まれたのは体が弱く3ヶ月くらいで亡くなり…
今回1頭生まれて11頭。

さすがに、畜産本業ではない農家にとっては、増えすぎてしまいました。
このままでは近親交配の可能性もあり、春に生まれた6頭は初めにくれた羊屋さん(本職の畜産家の方)に里子に出すことになりました。
もう大人と同じくらいの大きさになり愛らしくはないですが、やっぱり寂しいもの。
食肉用品種なので、いつかは食卓に乗せることになりましょう。
せめて、自分が羊じゃなくともお肉を食べる時には、手を合わせて、「いただきます」と言いたいです。

道徳の教科書みたいなことを書いてますが、身近なところで命と関わると心からそう思います。
これまで見学に来た幼稚園児や小学生にも分かってほしいなあ。
そして、畜産家じゃないのにこんな機会をくれた父母にも感謝をしたいです

以上、最近のヤンヤン夢牧場だよりでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「THE ハプスブルク」展

国立新美術館でやっている「THE ハプスブルク」展を見てきました。

日曜だし名画ぞろいだし込むだろうという予想通り、人・人・人。
館内広いので入場制限は無かったものの、人だらけ。
特に第1室は、ハプスブルク家の有名人の肖像画で凄い込み様。
そこを過ぎると少しは空きますが、それでも十分人だかり。
じっくり見るにはぎゅうぎゅうの中並ばねばならず、一度入ったら出られない…
いい展覧会は大変です。

内容はとても充実したものでした。
お馴染みのマリア・テレジア像、皇妃エリザベート像、王女マルガリータ像。それにベラスケスやらデューラーやらレンブラントやらヴァン・ダイクやらティツィアーノやら、大層な画家の絵のオンパレード。
詳しくなんて書ききれません。
普通なら展覧会は2時間でサクッと見終わる私が、12〜18時閉館まで6時間もいた、という例でお察し下さい。
いつもやたら細部まで見てて待たせる側の相方は、逆に私を待つ立場になっていました。

で、良かった作品を1点。
何といってもフランツ・クサファー・ヴィンターハルターによる「オーストリア皇妃エリザベート」でしょう!
展覧会HP の「みどころ 」でご覧になれます。見れば「ああこれね」と思われるかと。
これがですね〜間近で本物見ると圧巻、凄いのですわ。
等身大の絵、美しい顔立ち、優雅な表情、見返り美人のポーズ、そして纏っているドレス!
レースの繊細な表現がとにかくすんばらしい。
彼女を見る為だけに行っても悔いはなし!

一度目に見たときはまだまだ人が多く一苦労でしたが、全部見終わってから再度閉館間際に見に行ったらガラガラで、遠くから近くから見たい放題でした(^^)v
この展覧会を見に行く時は、音声ガイドでも聞きつつのんびり見て、最後閉館30分前に良かったのを再度見るのがオススメです。
因みに音声ガイドは高嶋政宏、かなりわざとらしくウソ臭いセリフ満載です(笑)

芸術の秋、混雑は覚悟して見に行ってはいかがでしょう。

東京は12月14日まで、京都は1月6日〜3月14日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山の紅葉+α

高尾山の紅葉+αのうれしかったお話です。

帰り道、相方が電車の中で「このリュックのブランドのお店が新宿京王百貨店に入ってるらしいから、ちょっと覗いてってもいい?」。

体力がまだ余ってたので、相方愛用のリュックの店へ。

調度催物会場でインナーバーゲンやってたので、私は先にそちらをぶらぶら。

収穫なく相方のところへ戻ると、リュックを持ったり背負ったりしていました。

で、「こんなのどう思う?」。

背負ってみると軽くって、大きさもちょうど良くて、撥水加工で、色も薄ピンク色で可愛い、とドンピシャリ。

ちょこちょこ花見や紅葉見に山に行ってますが、今まではたすき掛けのバッグでちょっと邪魔だったり肩こったりしていたので、、リュック欲しいなーと思ってたのです。

「今なら手持ちもあるし、値段も良心的だし、また来るの面倒だし、買っちゃおうかな~」

と言ってたら、相方が何やらごにょごにょと言いだしたのです。

鈍感な私は気付かなかったんですが、察した方もいるはず。

11月末に、バッグを前に「これってどう?」と聞く。

そう、相方はクリスマスプレゼントにしようと考えていたのです。

嘘や隠し事が出来ない相方は「買われちゃうとまた何をプレゼントするか悩んじゃうんだよね…」。

うわー、めっちゃうれしい!!いいの?いいの?

「ほんとはもっと高いものにすべきかなと考えてたんだけど、そんなに気に入ったなら…」

十~分です!これで一緒に二人でリュック背負って並んで山に行ける~

ちょっとそういうの憧れてたんです。

実はたまたま最近グッチのバッグをひとから譲って頂いたんですが、それよりうれしかったりします。

ブランドうといし、グッチのバッグ持つならそれなりのズボラじゃない格好しなきゃいけない気がして。

さらに。

「普段自転車で買い物行ったりしてるでしょ。前かごに買った物入れていつも持ってる手提げを手に掛けたら、バランス崩すし前輪に巻き込まれるかもしれないし、危ないよ。リュックあれば買い物袋無くても結構入るし、危なくないと思って」

と。

その心配がうれしい!!

すごくホクホクして買ってもらっちゃいました

クリスマスまでにまたハイキングに行く機会があったら使うし、無ければそれまで温存です。

早く使うのが楽しみ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高尾山の紅葉

相方と高尾山に紅葉を見に行ってきました。

調べると1~6号路と稲荷山コースと7通りあり、どれでいったらいいのかわからん。

で、高尾山口駅近くの案内所で勧められた、行きは稲荷山コースで急だけど一気に登って、帰りは一番舗装された1号路、という計画で。

まず行き。

舗装されてない結構急な坂道です。

紅葉は…

行けども

P1020240_mini

行けども

P1020242_mini

見当たらない…

ひたすら坂道をぜいぜい言いながら登ります。

やっと半分ぐらいまで来て、展望台が。

P1020236_mini

都心まで見渡せます。

でも紅葉はない…

お稲荷さん、顔が欠けてる…

P1020232_mini

もう少しで頂上、という所になって、最後の難関・魔の階段続き。

P1020243_mini

「ひ~きっつう~」と泣き言を言いつつも、突き進むのみ!

紅葉が無くてこれだけきついんだから、そりゃすいてる筈ですよ。

息切れしつつも、頂上です。

P1020264_mini

ここでやっと美しい紅葉が

P1020250_mini

あれだけ登った甲斐もあるというものです。

紅葉をパシャパシャ

P1020252_mini P1020263_mini

そういえば…ということで、紅葉の前で相方とツーショットを撮ってもらいました。

P1020261_mini

なんと付き合って丸2年にして初めてのツーショットです!

どれだけ写真に興味が無いねん。

頂上の売店でおでんで腹ごしらえし、しばし紅葉を堪能。

さて、ここいらで帰らないと下りで紅葉みれないぞ。

「日暮れまでに降りれるかな?」「余裕でしょう」と言って下山路へ。

途中に薬王院というお寺が。

P1020279_mini

紅葉がきれいでした。

こんな面白いものも…

P1020280_mini

薬王院からの遠望。

P1020268_mini

しかしこの寺、売店やら食べ物やら煩悩が多い

相方は寒くなるのを分かっていながら、周りの人が食べてる誘惑に負けて「ブドウ酢入り権現ソフトクリーム。

P1020286_mini

私はホカホカの精進肉まん(野菜の刻んだのと畑の肉・大豆入り)。肉じゃなくても十分美味しい!

相方は案の定冷えてきて、私の精進まんをパクリ。

さらに次の売店ではフランクフルトを買って食べてました(笑)

薬王院あたりをうろうろしていたら、段々日が暗く…

こりゃ日暮れまでに駅に着かないぞ。

電車はあるけれど、紅葉してるのかどうかわからなくなってきました。

1号路は見所もありそうなのに。

そしてついに真っ暗に。

街灯もなく、携帯の明かりを頼りにしないと歩けないぐらいに真っ暗

相方は「ちょっとペース落として~」。

私は普段歩くの遅いし根性無しだし運動嫌いなくせに、とにかく進まなきゃならないとなるとガンガンペースアップする人間なのです。

泣くのが嫌ならさーああーるーけ~

途中、夜景も見れました。

P1020300_mini

来年はもっと早い時間に行って紅葉を堪能するぞ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近のお気に入り化粧品

最近、石澤研究所さんの「ははぎく」シリーズを愛用してます。
P1020225_mini


石澤研究所さんはユニークかつ品質もいい商品をたくさん開発してて、大好きなメーカーです。
「ははぎくアロマ」シリーズは、ははぎく=カモミールと、ラベンダーの香りのするアロマな商品です。
合成着色料・合成香料・アルコール・パラペン不使用。
敏感肌さんにもおススメです。

P1020226_mini


まずは洗顔料。中々いい泡立ちで、肌にやさしく洗えます。


P1020227_mini


化粧水。
ノンアルコールの物って浸透悪くて避けてたんですが(敏感肌じゃないし)、これは浸透がいいです


P1020228_mini


ぬるぬるしたりべたついたりで乳液嫌いの私でも心地よく使えます。


P1020229_mini


そしてクリーム。
これがいい!
サッパリめのクリームだけど潤います。


「ははぎくアロマ」の商品はロフトなどのバラエティショップなんかで扱ってます。
勿論ネットショップでも。


最近はこんな感じでスキンケアしてます。
美白効果やアンチエイジングはそれほど期待出来ないけど、なんせすこぶる肌の調子がいいのと香りに癒される。


ははぎくシリーズには、水おしろいもあります。
P1020230_mini


これは一度使うとやめられません。
リキッドファンデのような膜感がなく、手間いらず、パパッと仕上げられます。
なのに「きれいな素肌」を演出してくれます。
水ベースなので汗をかくと崩れやすいのは難点かな。
水おしろいはネットショップのみの取り扱いです。


石澤研究所さん、是非チェックしてみて下さい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オバマ大統領の両陛下への「お辞儀」、米で波紋

オバマ大統領の両陛下への「お辞儀」、米で波紋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000480-yom-int

ただ単に、深々としなければ両陛下の頭より下にお辞儀出来なかっただけでは…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歩きタバコが許せない

最近は駅の全面禁煙や喫煙ルームの設置などで、禁煙・分煙化が進んできましたね。

私自身は高いし体に悪いしでメリットが見いだせ無いのでタバコは吸いませんが、喫煙者は肩身が狭いだろうな…と思うほどです。
喫煙のデメリットは誰でも知ってるご時世ですから、分煙などのルールを守れば後は自己責任と考えています。

喫煙マナーもずいぶん良くなりました。
でも、まだまだマナーの悪い人が大勢います。
私が一番許せないのが歩きタバコ。
条例で禁止されてる所もありますが、私の住んでる所はまだ禁止されていません。
そのため、ちょっと外に出れば必ず歩きタバコに遭遇します。

彼らは歩きタバコの危険性、わかっているのでしょうか。
ちょっとぶつかれば火傷に繋がりますし、小さい子供は顔の位置にあたりかねません。
なのに危険なことをしてるとは思わないのでしょうね。
当然灰を落とすこともお構い無し。

一度道端で「歩きタバコは危ないですよ」と注意したことがあります。
そうしたら相手が酔っ払いで、「はあ?知らない人に話しかけることの方が失礼で悪いんじゃないのあんた?」とからまれました。
幸い連れがその場を収めてくれたので大事にはなりませんでしたが、私が悪いのかと未だに納得いきません。
まあ酔っ払いが何を言おうとしょうがないですが…

歩きタバコ、皆さんはどう思いますか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋の京都旅行・その2

3日目は朝に知恩院へ行きました。
こちらも端正で見事なお寺。

紅葉はうっすらと。
P1020163_mini


P1020178_mini


京都を一望出来ます。
P1020184_mini


P1020189_mini


良いお庭です。
P1020198_mini


三門。撮影禁止ですが、内部が公開されてました。
P1020200_mini

門公開して何かあるの?と思いましたが、内部には仏像がずらり。
壮観でした。


紅葉にはまだ早かったですが、その分人も多くなく快適でした。
自分用のお土産は七味とこれ。
P1020214_mini


よーじやの「ゆず艶や」。ゆずの良い香りがするリップクリームです。
リップクリームとか苦手なんですが、これは香りに誘われて使いたくなります。
しばらくはこれで京都気分を満喫です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋の京都旅行・その1

1日〜3日にかけ、京都に行ってきました。
1日はサークル関係の方の結婚パーティ、2日は観光、3日はサークルの舞台です。

2日の観光は東山。

まずは清水寺。
キヨブタです。
P1020123_mini

P1020135_mini

下を覗くと…
P1020124_mini


地主神社。ものすごーく俗っぽい…
P1020131_mini

音羽の滝は甘みのある水でした。
P1020136_mini


お土産を買いながら三年坂・二年坂を通り…
P1020142_mini


P1020143_mini


高台寺へ。
P1020145_mini


P1020148_mini


初めて行きましたが、端正ないいお寺ですね。
P1020157_mini


雨に濡れながらの観光でしたが、虹に出会えました。
P1020157_mini_2


舞妓さん(ニセモノ・笑)にも。
P1020158_mini


それから八坂神社へ行き、知恩院を観ようとしたら閉門だったので長楽館でちょっとリッチにお茶を。
四条のよーじやで買い物をしてこの日は終了〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »