« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

春狂言2009(2009.4.18.夜の部、国立能楽堂)

先週の土曜日、大蔵流茂山千五郎家の狂言を見てきました。
演目は「文荷」「釣狐」「六地蔵」。

実は学生時代に狂言を演じるサークルに入っていて、文荷はシテの経験あり、六地蔵はそっくりな狂言「仏師」のアドをやりました。
なのでちょっと思いのある狂言です。


狂言の前に宗彦さんのお話。
「ちりとてちん」で苦悩する落語家の若さんをやってらっしゃいましたが、そこいらの下手な落語家の話よりよっぽど面白い解説です。
「釣狐」はとても重い狂言で、本家の人でもそうそうできません。
今回演じた宗家の次男茂さんはそれでも6回目、分家の宗彦さんは同い年でまだ1回だけ。
「宗家に産まれたいもんですねえ、いやいやまあ分家の長男もお気楽なもんでございます」
と笑いを取ってらっしゃいました。


「文荷」。

好きな狂言です。
能の謡を取り入れつつ、狂言らしいギャグもあって。
解説無しでも現代人が充分楽しめる曲。
内容は、主人が「彼の方(男)」への恋文を太郎冠者・次郎冠者に申し付け、二人が道の途中で覗き見してるうちに破れてしまい…というもの。

まずペースが早い。
びっくりするほど早かった。
面白いところはちゃんとつかんでいるのだけど。
プロでやりなれているせいか、良くも悪くも詰めが甘い。
もうちょっときっちりやっても…と思うけれど、それがこの家の芸風でもあるしなあ。
自分がやっただけに、あれこれ言いたくなってしまいます。


「釣狐」。

とにかく重い。そして面白くない曲(笑)。
一度正邦さんのを見た時もそう思ったけれど、再確認。
これがやれたら一人前の狂言師と認められると言うけど、やれなくてもいい気がする(笑)
やってる方もしんどければ、見てる方もしんどい。
面つけてずっとあの動きで中々話が進まないなんて、ツラ過ぎる…

普通シテの動作に目がいくけれど、今回はアドの千之丞さんの足腰がヒヤヒヤものでした。
最初に立ち上がる時ゴローンと後ろにひっくり返り…
見た目と声は変わってないけれど、老いが動きにありありと出ています。
千作さんも千之丞さんも、もう役者としては寿命に思える。


「六地蔵」。

一転、お気楽ドタバタ狂言。
こういうのをやらせると、茂山家の人は上手いよなあ。
雑になりかけててもオッケーだし。
それでも自分がやってたときの苦労を思い出したり、台詞の微妙な間違いに気づいてしまったり。
哀しい性ですね。


まとめ。

狐以外は楽しかったです。
文荷はまたやってみたいなあ、と思ったりしました。
狐はもういいかな…
六地蔵は文句ナシに面白いので、機会があったら是非見て下さい、

サークル卒業してからほとんど見ていなかったけれど(学生時代は年間100番以上見てたりした)、演目によっちゃまた見たいな、と思う春狂言でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母と、買い物と観劇

母と、買い物と歌舞伎観劇をしてきた。

母はブランド服や高級化粧品には興味が無い人で、目当てはキッチン用品売り場。
ras4loveさんの情報により、尾鷲わっぱのぬし熊さんが日本橋タカシマヤに出展してるのを知り、駅で待ち合わせていざ。
レンジでチン出来るのがここのわっぱの魅力。
あれこれ手に取って、母が丸一段のお弁当箱を購入。
私はネットでもうちょっと熟考。でも手に入れるつもり。

一通りキッチン用品売り場も見て、銀座へ移動。


銀座では遅めの昼食を。

木村家の3階がレストランになっていて、そこで食事をするのが母の楽しみ。
料理を頼むと、1階で売ってるパンのいくつかが食べ放題。
いっぱい食べたい訳じゃないけれど、大きいバケットや食事パンなどを買わなくても、一切れずつ食べれるのがいい。
歌舞伎座に行く前に木村家で食事して、あんパンを買って行くのが常。
歌舞伎座の料理やお弁当はたいして美味しくないし。


あんパンを持って、まだ時間があるので三越に寄る。
デパ地下のお惣菜を見て研究したり、またキッチン用品売り場にお弁当箱を物色しに行ったり。


そろそろいい時間、歌舞伎座へ。
結構見やすい席。3階は満員。

四月大歌舞伎夜の部、演目は、毛谷村、夕霧伊左衛門、曾根崎心中。
詳しい感想はまた書くかも。

何度も見ているけれど、玉三郎の夕霧は美しいし、仁左衛門の伊左衛門もハマり役。

でも藤十郎親子のお初徳兵衛は、はっきり言って相変わらずギャグ。
「わしもやつれ、そなたもやつれ…」
みたいな台詞の時に失笑がわくのってどうよ。
ふーっくらしてるし。
十八番にしてるならもっと見た目と解釈を変えて欲しい。
お初がドタバタきゃあきゃあしすぎて初々しさの無い中年のオバハンになっている。

あれはどうなのよ、なんて話をしつつ終演。
曾根崎心中以外は文句無く楽しめたからいいか。


外に出ると大雨。銀座駅まで一走りして、そこで別れる。

とりあえず母の楽しみに付き合えて良かった(私の楽しみでもあるけれど)。
母は自分の楽しみに観劇したり買い物しに東京出てきたりはしない人だから、たまには誘って連れ出してあげた方がいい。
本当は欲しがってるものを買ってあげる位してあげたいけれど、そこまで余裕が無いのでもうちょっと待って。

ささやかな、親孝行になったかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

多摩森林科学園でお花見

日曜(4/12)に、高尾にある、多摩森林科学園に花見に行ってきました。
ここは様々な樹木があり、敷地の半分くらいでしょうか、サクラ保存林として多くの品種、中には非常に稀な品種の桜が植えられています。
品種が多岐にわたるので、見頃も長いです。
ソメイヨシノはもう散っていますが、色んな桜が咲き乱れています。

036

044

一本一本に品種名がぶら下がってるのが便利。

気に入った品種を紹介。

Photo
これは「太白」。白く一重の大輪の花。

Photo_2
濃いピンクで八重の「関山」。

Photo_3
「御衣黄」。わかるでしょうか、小さな緑色の花です。

Photo_5
薄ピンクの「大提灯」。

Photo_6
毬のように花が付くゴージャスな「白山大手毬」。

Photo_7
がくの色が透けて見える、「衣通姫(ソトオリヒメ)」。
名前もロマンチックで一番好き。

保存林と言っても、つまらない植物園みたいじゃなく、自然な里山に植えて散策コースを作った感じです。
アップダウンもあるので結構いい運動に。
広さも十分です。

まだつぼみのものも多かったので、5月上旬くらいまでは十分見れそうです。
スニーカー履いてお弁当持って、ピクニックなんてどうでしょう。
日当たりは正午くらいが良く、閉門4時なので早めに出て行った方が良いですよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今後のコンサート、観劇予定

忘れそうなので、メモ代わりにまとめ書き。

4/18(土) 18:00~ 国立能楽堂 『春狂言2009』
      狂言 「文荷」丸石やすし 「釣狐」茂山茂 「六地蔵」茂山童司

5/1(金)  19:00~ 東京文化会館『佐藤久成ヴァイオリンリサイタル』
      ドビュッシー:ヴァイオリンソナタ ト短調、
      ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番 ヘ長調 op.24「春」、他

~ラ・フォル・ジュルネ2009~

5/4(月) 19:15~ ホールA
      「ピアノ協奏曲BWV.1052」 他
      ボリス・ベレゾフスキー(p)、カントロフ/シンフォニア・ヴァルソヴィア

       21:15~ ホールA
      「ミサ曲ロ短調」
      コルボ/ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル

5/5(火) 14:15~ ホールA
      「ヴァイオリン協奏曲BWV.1041,1042」
      ファニー・クラマジラン(Vl) ドミトリ・マフチン(Vl)
      カントロフ/シンフォニア・ヴァルソヴィア

       17:15~ ホールA
      「管弦楽組曲第3番BWV.1068」
      「4台のピアノのための協奏曲BWV.1065」他
      カントロフ/シンフォニア・ヴァルソヴィア

       20:00~ ホールC
      「ヨハネ受難曲」
      鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン


ラ・フォル・ジュルネはこの前まで期待してなかったのに、BCJのヨハネがあると知ってからチェックしだし、聞き倒すことに。
ホールAは音響最悪と知っていながらチケット取ってしまった。
空き時間のつぶし方が頭を悩ますところ。

全部の感想は書けんな、こりゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BCJのマタイ受難曲(2009.4.10 東京オペラシティ)

バッハ・コレギウム・ジャパンの受難節コンサートに行ってきました。
今回は、マタイ受難曲のメンデルスゾーン上演稿という変わり種。

簡単に説明しますと、マタイ受難曲は、バッハの死後演奏される機会も無く忘れ去られかけていました。
それを発見し上演したのがメンデルスゾーン。
このとき、メンデルスゾーンは大きく手を加えています。

手を加えた、というよりは省略した、が正確かもしれません。

今ではバッハ研究も進み、その稿で演奏されることは普通ありませんが、今年はメンデルスゾーン生誕200年を記念し、上演されることになりました。

この稿の特徴、またプログラムの巻頭言が、BCJの公認ファンサイトViva!BCJさんに載っています。
興味がおありでしたら、音楽監督鈴木雅明さんによる巻頭言はぜひ読んでみて下さい。

さて。
蘊蓄はあまり語れないので、一素人感想です。

なんというか、ヘンだったのは事実です。
編成は大きい、曲は1/3も削られる、通奏低音は決められた和声に。
違和感ありあり。

編成の大きさはモダンオケに比べればそれでも小さい方です。
何分小編成の古楽器オケに慣れてしまっていて…。
この点は「まあこれもアリかな」で済みます。

曲が削られるのはイタいです。
特に第二部、重要なアリアもガンガン省略。
「え〜っこれも無いの?!」
と驚きっぱなし。
メンデルスゾーンの潔さに脱帽?(笑)

通奏低音は分厚くガッチリしすぎて自由度が無く不自然。
現代人の方が、バッハ時代に近いメンデルスゾーンよりも「オリジナル」にこだわってしまうのも面白いものですね。

構成面はこのくらいにして。
演奏について。

声楽ソロ陣は、エヴァンゲリスト/テノール:ゲルト・テュルク、イエス/バス:ドミニク・ヴェルナー、ソプラノ:レイチェル・ニコルズ(だいぶふっくらむっちりなさって)、と「いつものメンバー」で安心して聞けました。
ただアルトの加納悦子さんはドイツ語発音が気になったかな。
悪くはないんですけど。

合唱陣はいつもより人数多いですが、安定した歌声。
大人数な分見通しの悪さはいた仕方なしか。

器楽陣。
通奏低音とクラリネットが時折突っ走り過ぎでした。
合奏に合ってない…
クラリネットは音が目立つし、通奏低音が崩れると全体が雪崩を起こします。
慣れない版だからでしょうか。

声楽、器楽ともに濃いめの演奏でした。

全体の感想としては、「これも面白いけどいつものがやっぱりイイよ」。
まあ想像通りですね。
でも、これだけいじられてもマタイは名曲です。

最後に。
これはまあ個人的な話ですが。

カウンターテナーの上杉 清仁さんのソロが聴けなかったのが残念!!(マタイは曲により合唱陣からもソロが出る)
3年前くらいにアルトのソロで歌ってらっしゃって、魅了されたんですが…
今回は大幅にアルトのアリアが削られてたこともあって、聞けず…
メンデルスゾーンめ(悲)

上杉 清仁さん、私はあなたのファンですよ!!

とここで言わせてもらいます(笑)

まあなんだかんだ言ってますが、聞きに言って良かったです。
1/3削られても幸せ(笑)
来年も楽しみです。

おっと、その前にゴールデンウィークにヨハネ受難曲です!
こちらはどんな演奏を聴かせてくれるんでしょう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春は受難の季節

毎年、4月頃にキリスト教暦の受難節があります。
私は、正月に神社に行き、盆にご先祖様を迎えに行き、クリスマスにはケーキを食べる、典型的日本人なのであまり細かなキリスト教行事は分かりませんが、受難節は大事な時期です。


なぜなら、大好きで応援している日本屈指の古楽器オケ、バッハ・コレギウム・ジャパンの受難節コンサートがあるから。
毎年、マタイかヨハネ受難曲を演奏します。
それを聞きに行くのが楽しみ。

今年はマタイのメンデルスゾーン上演版という変わり種。
今週の金曜(10日)、東京オペラシティです。


そしてなんと!
今年はラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(東京国際フォーラムでGWに開催される音楽祭)のテーマがバッハ!
BCJはヨハネ受難曲を引っさげて参加。
もちろん、こちらも聞きに行きます。


正直、ラ・フォル・ジュルネは期待してなかったので、BCJのヨハネがあると知った時は「やったー!!」と思いました。
音響最悪の大ホール(ホールA)じゃないし。
最近知ったので残り3席。
取れてラッキーでした。
他のコンサートもチェックしてみようかなあ。


1ヶ月でマタイとヨハネを聞けるなんて。
しかも大好きで演奏も確かなBCJ。
ウハウハです(受難曲なのにね)。
バッハバッハバッハ〜

この春は受難の季節です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

隅田川でお花見と桜餅

隅田川にお花見に行ってきました。
調度満開、風が吹くとはらはら舞うくらいで、見頃でした。
コメント下さるras4さんの阿波踊りもみれるかな〜と思いましたが、時間も場所も調べてなかったので遭遇できず。

浅草の辺りをぶらぶらしてから川沿いへ。
浅草も人ごみでしたが(なぜか天丼屋に皆並ぶ)、川沿いも人がいっぱい。
P1010475_mini

P1010477_mini

屋形船も交通渋滞。
P1010478_mini


P1010480_mini

満開で綺麗です。


対岸に渡って。
P1010494_mini


この時期にここに来たら外せないのが、長命寺の桜餅。
関東風のクレープ状の皮でくるんだ桜餅の元祖だそう。
P1010483_mini


P1010482_mini_2


さすがシーズン、長蛇の列。
でもこの店、桜餅しかないので回転は速いです。

P1010490_mini


P1010491_mini


桜の葉3枚で包んであるのが特徴。保湿目的なので、食べる時には好みで全部はがすか1枚だけ残して食べたりします。
P1010492_mini


皮をピンク色に着色しないのも特徴。餡がほのかに透けて、桜色っぽく?


有名な言問団子の店もすぐそば。やっぱり行列。
P1010487_mini

今回は入りませんでしたが、この辺りは有名な和菓子屋さんも多く、和菓子巡りもいいですよ。


台東区側は屋台がいっぱい出てて観光気分ですが、墨田区側は地元の町内会の出店みたいな感じです。
芸妓さんのおもてなしもあったり。
P1010489_mini


人は多くてそこら中で宴会もやってますが、ぶらぶらするのも充分楽しめます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

日本の農業と外国人研修生

前回、中国人と内モンゴル人を実家で雇っている、と書きました。

なぜ、彼らがいるのかと言うと、アノ「外国人研修生制度」で研修生として来ているのです。
よく工場労働などで問題になっていますが、実は農業でも浸透しているのです。
実家のある茨城は専業農家数が多い県の一つですが、今や研修生は珍しくありません。
あなたの食べている「国産野菜」が、外国人の作ったものであっても何らおかしくはないのです。
(だからって安全性に問題があるとか、差別する訳ではありません。ちゃんと手塩にかけて作っています。)


斡旋しているのは天下り機関。
法に触れない程度に合法にやっているようです。
詳しい事情は分かりませんが…

農業なら研修になるんじゃないか?とも思いますが、モンゴル人が田んぼでレンコン作ったりする訳がありません。
他の野菜でも同様。
雇う方は労働力目的、雇われる方は賃金目的です。


こう書くと、「研修目的から外れて安い賃金で労働を強いている」と非難されそうです。
ですが、農家(農業経営者)にも言い分はあるのです。

雇いたくても人がいない。

派遣切りだのなんだのと言われてますが、農業は人手不足です。
仕事は重労働で、朝は早い、残業はある、場所は田舎、週休二日じゃない、派遣切りにあった人でも敬遠するでしょう。


問題は色々あって、研修生が失踪する事件も何度も起きています。
これは仕事が辛い以前に、同じ時期に来日する仲間同士で打ち合わせ、始めから不法就労目的で来ているようです。
全く仕事に来ないでいなくなってしまうこともありますから。
でも失踪しても今じゃ中々仕事も無いでしょうね…

また、失踪するだけなら良いのですが、仕事に来ず借りてもらったアパートに仲間とたむろして、包丁や鎌などを大量に隠し持っていた事件もあります。
こうなると何をしでかすか分からないので本国に送り返します。


うちの親は、法スレスレで問題も多く、家賃から家財道具一式に食料品衣料品、貰えもしない年金(普通研修生は2〜3年で帰国します。それ以上になると正規雇用になって賃金が上がるのと、研修生側もあくまでも出稼ぎですから。)まで負担するくらいなら、賃金高くても日本人を雇いたいというのが本音のようです。
でも人がいない。
手が足りる程度にやればいいんじゃないの、という声もありそうですが、それではとても食べていったり子どもを大学に入れたり老後の蓄えにしたりなんぞはできません。


でも、悪いことばかりではありません。
閉鎖的な農村で外国人を受け入れると(実家の辺りは中国や内モンゴル中心ですが、場所によっては南米から受け入れるところも)、いい換気になるものです。

たとえば牧場つくったりとか(笑)

研修生と受入先の仲が良ければ、合間に語学教え合ったりとか、餃子作って振る舞ってくれたり。
皮から手作りでお店にまけず美味しく、中国人の男の人って器用だなあと思います。
うちが研修生に恵まれてるのかもしれませんが。


とにもかくにも、今や外国人研修生は農業に欠かせない存在になっています。


問題多き研修制度、日本の農業の未来はどうなるんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »