« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ラーメンズと小林賢太郎

ラーメンズ。
最も好きな芸人コンビです。
もう何年も舞台中心に活動してるので、
「誰それ?」
「え、消えてなかったの?」
という人もいるはず。

もとはと言えばNHKの爆笑オンエアバトルで有名になった人らです。
詳しいことは→wikipedia:ラーメンズ

ボケと突っ込みの漫才ではなく、コント。
小林賢太郎の作り出す世界が、ただ笑えるだけじゃなく「おおーっ」とうならせてもくれます。
こんな芸人他にない。
いや、「芸人」というカテゴリに入れていいのかどうか。
天才的に感じます。


DVDは全部持ってるけど、舞台を実際に見に行ったのは「アリス」の一度だけ。
チケット、ホントに取れません。
即、完売。
休日なんて論外。


が、今年はプレオーダーで6月グローブ座、第17回公演 『Tower』を取れましたーーー!!!


今から楽しみです。
今度はどんな笑いと驚きを見せてくれるんだろう。

小林賢太郎について。

先日、NHKハイビジョンで「小林賢太郎テレビ」と題した番組が放送されていました。
内容は小林賢太郎独り舞台のと似てるかな。
ラーメンズで、片桐仁とコンビで「二人バカ」をやるときより、ひねってます。
これはこれで面白いけれど、作りあげる苦労がにじみ出てて、私はラーメンズの方が好き。
片桐仁は演技力に欠ける部分があるけれど、小林賢太郎にはどうしても出来ないキャラがあります。

さっき「天才的」と書きましたが、小林賢太郎はおそらく天才ではないのです。
もちろん才能はあるけれど。
持っている才能を絞り出して、外からもありったけ吸収して、必死に作り上げている。
その裏面を、片桐仁というキャラが覆ったり壊したりしているから、ラーメンズは苦しさが無い。
独り舞台は苦しさが滲み出てくる。

でもそれはそれで一つの面白さではある。
一長一短と言うべきか、一長一長とでも言うべきか。


もしラーメンズを知らなければ、一度DVDで見て欲しいです。
勿論生がいいけれど、そうそうチケット取れるもんじゃないので…
お笑いやバラエティ嫌いの人ほど、ハマるかもしれません。

ああ、6月が待ち遠しい…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

葉わさび海苔にハマる

「さるじゅ」での新年会のとき、ば〜ばさんから頂いた、「葉わさび入のり」。
P1010023_mini


これにハマっています。

もともと、わさびや葉わさび・茎わさびが大好き。
生姜や山椒、からしのような、唐辛子以外の辛さが好きです。

海苔の佃煮もごはん党にはたまらない。


これでハマらない訳がありません。
まさにツボ!!

しかもこの商品、海苔より葉・茎わさびのほうが多いんです。
P1010025_mini


爽やかな辛さがたまらない〜
ごはんにのせて食べてたら、あっという間に1瓶空っぽ。。
頂く時に
「イカなんかをあえても美味しいのよ」
と聞いていたのに、料理にまわす前に完食。
もう無いー


が、しかし。
ちょっと遠いスーパーまで買い物に行ったら、同じものを発見!
やったー
もちろん買いだめ。
見かけたらどうぞお試しあれ。


何に使おうかなあ、イカもいいしそれにレンコンなんか入れてもいいんじゃない?ささみなんかも良さそう…
そんなことを考えつつ、ホカホカごはんとともに減っていくのでした。

P1010028_mini


これがイチバン!

ば〜ばさん、ありがとうございました

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年、バレンタインケーキ

バレンタイン用ケーキを作りました。
ラッピングしてから撮ったので写りはちょっと悪いですが。

P1010011_mini


えー、無印よく利用する人ならお気づきでしょうが、無印良品のキットです。
手抜きです。ハイ。
だって時間無いんだもーん

キットでも侮れない味ですよ、最近のは。
去年試しにガトーショコラ作って、驚きました。
混ぜるだけなのに本格的〜


でもちゃんと(?)2種類作りました。
なぜなら去年は頑張ってケーキ2種類と、「食べたい」と言っていたクスクスまで作ったから。
手抜きはしづらいのです。
このところ相方と気まずい時も多くて、その解消にも繋がったら…という願望もあり。


1種目、チーズとショコラのケーキ。
P1010019_mini


マーブル模様きれいに出すの、難しいです。
要改良!
でも味はよし。チーズ風味もチョコ風味も良いです。
下にはショコラ生地〜
P1010020_mini


2種目、キャラメルとショコラのケーキ。
P1010015_mini_2


こちらはトッピング用のチョコペンもついてて。ハート形に書いて上にホワイトクランチをあしらいます。
香りも味も濃厚。


どちらも切るとハート形になる紙型、小分け用の袋も付いていて、用意するのは卵・バター・牛乳のみ。
なんて楽ちんなんだー
それでいて味がいいんだから。


無論「手作り」と言ってあげます。
キットなんて言いません。はははー
暇な時に手作り料理するから、バレても許してよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

宝登山、臘梅を見に

先日、秩父長瀞の宝登山に臘梅を見に行ってきました。

臘梅は1月下旬〜2月中旬に黄色く香り高い花が咲く花です。
臘「梅」と書きますが、梅の仲間ではないそう。

実際に見るのは初めてなので、香りを楽しみに。


長瀞駅に着いた頃には昼近くでお腹もすいたので、このあたりの名物「おっ切り込みうどん」を食べました。
P1000939_mini

うどんを下茹でせず、野菜たっぷりの味噌味で直接煮込んだ、ほうとうのような料理。
P1000942_mini

うどんはきしめんみたいに平たい。

こういう観光客相手の店ってイマイチなことも多いですが、これは体もホカホカになって美味しかった〜。


その後、登りは大変そうなのでロープウェイで行くことに。
しかし長蛇の列!!
7分間隔で出てるのに、1時間半待ち。歩いたほうが楽だったかも…


頂上駅に着くと、宝登山神社の奥社があります。
P1000993_mini


頂上。
P1000995_mini_2


見晴らし良く、秩父の山々が見えます。
P1000964_mini


頂上付近に臘梅林と梅林があります。
梅はまだ早いけれど、咲いてる品種もありました。
P1000966_mini


臘梅は満開。いい香りが漂ってうっとり。
P1000990_mini


梅との競演も。
P1000976_mini


雲一つない晴天で、青空とのコントラストもいい
画像加工なんてしなくてもこんな色。


臘梅は三種あります。

ちょっと地味な和臘梅。
P1000997_mini


香りが濃厚な素心臘梅。
P1000992_mini

鈴のようなころんとした見た目の満月臘梅(満開写真のがこれです)。
P1010002_mini

それぞれに魅力があります。


帰りは徒歩で下山。50分くらいだったかな


今年はもう見頃から終わりにさしかかっていますが、来年は梅より一足先に臘梅の香りを楽しむなんてどうでしょう?
休日は徒歩で登るのがおすすめです!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「さるじゅ」で新年会

7日土曜、ば〜ばさんのブログ繋がりで新年会(旧暦で考えればちょうどですね)
に行ってきました。

お店は銀座「さるじゅ」。
P1000915_mini

豆腐と野菜中心の創作和食です。
店長さんは若くてイケメンです。(←宣伝?)

ば〜ばさん(お着物が決まってらっしゃる!)、ナベショーさん(趣味で養蜂なさってるそう)、れおんさん(ドングリ研究ぶりに圧倒!)、ムシコさん(お忙しいようですが、またお会いしたいです)、私、の五人でワイワイと。

人見知りだけどあまり緊張せず。聞き役に回っちゃって自分から喋るの少なかったかな?
でも楽しいお話が聞けたからヨシ!


さて、お料理です(料理名は間違いあるかも)。

まずは前菜三種。
P1000916_mini

左から山くらげの煮物、松葉黒豆、里芋田楽、ふろふき大根。

山くらげは好物。しゃきこり感が好き。
P1000917_mini

里芋、わかるでしょうか。雪だるまなんです
下に赤味噌ベースの練り味噌、里芋をふたつ重ねて、胡麻で目を付けて。頭には
大根を薄切りにした衣を被いて…かわいい〜やられた〜

ふろふき大根も梅形で中をくりぬき、味噌を入れる細やかさ。
これで初春気分


お次は峰岡豆腐。
P1000919_mini

よくコースに入るのは胡麻豆腐ですが、嶺岡豆腐は乳製品を葛で固めたもの。
徳川家の牧場名にちなんで嶺岡と言うそうです。
生クリームより芳醇、バターっぽい風味がして。こういうのもよいですね


お次、海鮮サラダ。イクラたっぷり。
P1000920_mini


このお店の名物、豚足おでん。
豚足がとろっとろ大根も味がよくしみてます。
P1000923_mini


生麸田楽三種。
P1000924_mini

緑はヨモギだけど、ピンクが何かわからないー(京都にいたくせに)。色づけしただけ?


豆腐チーズ春巻。
P1000927_mini

チーズと豆腐をお肉で包み、さらに春巻の皮で包んで。
豆腐も入ってるからしつこすぎず。ただのチーズ春巻より食感がいい。


ゴーヤチャンプルー。
P1000929_mini

ゴーヤの苦みが気になりません。
でもちょっと時期外れかな。


炊きたて鯛釜飯とお漬物。ホカホカ
P1000931_mini
P1000933_mini


鯛はトッピングだけだそうですが、全体に出汁が回って美味。


デザートはプリン。
P1000937_mini

豆腐料理をうたってるから豆乳でも入っているのかしら?←鈍感


ふーっ満腹満腹。
飲めない分いっぱい頂いちゃいました
これで飲み放題付けても5千円ちょいなんてお得〜

さるじゅさん、ごちそうさまでした〜

| | コメント (6) | トラックバック (0)

節分、丸かぶり。

きのうは節分でした。
皆様の家ではどんなことをしましたか?

私は丸かぶり(丸かじりとどっちがどこの方言なんでしょう?)寿司を黙々と食べました。

一人用アパートなので散らかる豆まきはさすがに致しません。
これは一軒家でも子どもがいなければ同じかもしれませんね。


で、丸かぶり寿司。

元々関西の一部で細々とあった習慣を、40年前くらいに大阪の海苔問屋が取り上げたそうです。
そしてコンビニ戦略、この10年くらいですっかり全国的になりました。
今じゃスーパーでもお弁当屋でも、この1日のためにずらり


ですが、私の実家(茨城県)では丸かぶり寿司はしなかったし、今でもしません。
節分行事をしない訳じゃなく、むしろ子どももいないのに豆まきもイワシに柊もちゃんと
します。
丸かぶり寿司ではなく、食べるものがあるのです。

それは、蕎麦。

「節分そば」を食べるのが習慣です。
特別な具が入ることもない、いたって普通のお蕎麦です。
理由は旧暦の大晦日だから。
つまりは「節分そば」=「年越しそば」な訳です。


大学時代(7〜8年前)、丸かぶり寿司を不思議に思って周りに聞いてみたんですが、寿司はいても蕎麦は無し。
関西の大学で西日本の人が多かったから?

ウチも節分そば!という方、いらっしゃいますか?

ちなみに、ロールケーキにパンにポッキーにと、丸かぶり便乗商品も沢山。
こんなものも食べました。
200902032209000_mini


200902032232000_mini


苺とバナナの入ったロールケーキの、ココアクレープ巻き。
ま、イベントだし美味しかったし、乗せられるのもよしとしましょう


イベントで思いついたこと。来年の商品。
U字形にして二人で同じ方角向いてかぶりつきながら食べ進んでいく、

これで今年もふたりはラブラブ丸かぶりロール


私はやりませんが。

バカなことだけはよく思いつくかわやなぎです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

相方の家には

現在付き合っている相方の家は、謎なものが沢山あります。


賞味期限が年単位で切れた、しかも常温保存のウインナー。

何ヶ月も前の生八つ橋(会社で帰省土産に配ろうとしてメンドクサクなったらしい)。

水が溜まったしなしなもやし。

古すぎて蒸し麺が乾麺になった焼きそば。

賞味期限が半年切れてカラメルとプリンが一体化したプリン。


どれも
「一人暮らしでゴミ屋敷なのね
なんて悠長に構えていられません。

全部食べる気満々で取ってあるのですΣ( ̄ロ ̄lll)ドヒャー

実際プリンは
「熟成されてて美味しい」
と言って食ってました。

消費期限や賞味期限、一般の常識より自分の五感を信じるんだそうです。
一週間経ったスーパーのお惣菜なんて当たり前〜

無理に私には食べさせないから良いのですが(でも乾麺焼きそばだけは半泣きで「食べたい」と言われ付き合わされた)。

さて。

これは何だと思いますか?
P1000824_mini


右上のあたりがヒント。


P1000827_mini

そう、炊飯器です。

中身は、
「米を炊こうとしてめんどくさくなって、次の日も…を1週間繰り返し糊状になったもの」

です。

左下、虫が浮いてます。米はアルデンテ。
P1000828_mini


炊こうか迷ってたのでさすがに止めました。
夏じゃなくてまだ良かった…

さっさと食べないくせに、腐るとどうしようもなく落ち込むのが厄介です


無論部屋は散らかりっぱなし。

_mini

_mini_2


勝手に捨てると怒るので手を付けられません。
しかしキッチンや水回りだけはきれいにしておかないと、私はイヤなので洗い物はします。

家政婦じゃないっつーの!!

と言ってやりたいけれど、私が自ら頼まれずにやってるので言えない…


はてさて、どうしたものやら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

親知らず、最後の抜歯

親不知、最後の1本を抜きました。ちなみに親は健在。

数ヶ月前、左上、右上と予想外に簡単に抜けて、今回は右下(左下は元々無い)。
上は両方とも真っ直ぐ生えてたけど、噛み合わせの都合上抜歯。
楽チンでした。


しかしこやつは上とは違って真っ直ぐ生えていず、埋もれた状態で炎症を起こし、抜歯することに。

下は上より大変なのは知っていたけれど、
「上の時は次の日には痛くなくなったし、大丈夫だろう」
とタカをくくってました。


が、木曜に抜いてまだ腫れと痛みがあります。
抜くのは分割したりしなくてよかったので、医者にしてみりゃ比較的容易だったようです。

うーでも切開して縫ってあるので傷跡が痛い。
にっこり笑ったりしたら引きつれてイタタ…
こういう時に、普段食べないビックマックにかぶり付きたくなるのはなぜでしょう

顎も触ると痛いです。


食べ物を避けるにも上より下のほうが難しい気がします。。

まだ痛み止めが離せず、ほっぺたも腫れ気味。ぷうっ

抜歯の一週間後には、抜糸があります。
それまでに痛みが退けばよいのだけれど。
土曜にはコメント下さるば〜ばさんたちと食事会があるし。

薬もある程度間隔おかなきゃいけないし、お休みの日は大好きなブラームスやバッハを聴いて凌いでます。


何とぞ、ちゃんとくっつきますように…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »