« 叫びの日 | トップページ | 町のパン屋さん »

主婦って

専業主婦ってなんて楽なんだろう、ってわりと最近まで思ってました。

実家の辺りは農家が多く、当然農作業も当たり前のようにやらにゃならんのです。
だから見てきたのは兼業主婦ばかり。


私の母は、娘の立場で言うのははばかられますが、本当に大変だったと思います。

寝たきりの姑とそのまた姑(私からしたら曾祖母)の介護があり、三人子供がいて末っ子の私はまだ小学生、親戚や近所付き合いも田舎だから面倒、家事は全部嫁の仕事。

そんな時期が数年間もありました(@_@;)


愚痴もこぼさずそれらをこなし、小さかった私には想像できないような苦労があったかと思います。

やかましい祖父(今でも健在)の、やかましい弟妹も8人いますが、皆母のことは「大変なのによく働くいい嫁」と誉めます。

5年弱の介護の後、祖母が亡くなった時は、「これでお母さんも楽になるだろう」と私は亡骸を見ながら考えてたのに、口うるさかった姑に苦労させられてきた母は涙を流していました。

私は未だにその時の母の心情を理解しきれていません。子供なのかな…( ̄〜 ̄;)


そんなわけで、家事をやってればいい専業主婦は楽だと思ってました。


でも実際にはそんな気楽な主婦って少ないのかも。

専業な分、「家事子育ては全部きちんとやって当然」と言われそう。以前私が思っていたように(・_・;)

専業で核家族でも、家事を全部やって家庭を守っていくのって、もっと讃えられてしかるべきなんじゃないか…今はそう思います。

皆より早く起きて朝食作って弁当作って掃除に洗濯……(〇>_<)
それだけでもきっちりこなすのは充分過ぎるほど大変。
しかも毎日しなきゃならないのですから。


家庭を持つことは、良いことも勿論沢山あれど、苦労が付き物ですね。
そんな中で日々を楽しく過ごせている方は、立派だと思います。

主婦は(兼業専業問わず)誇るべき素晴らしい仕事です!(b^ー゜)♪


ま、私はシュフにならずに終わっちゃいそうな予感もいたします。。
独身貴族か〜金ためにゃならんなヽ(´▽`)/

|

« 叫びの日 | トップページ | 町のパン屋さん »

こたつのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の場合は学生のうちに結婚し、卒業と同時に夫について転勤で各地を回り歩きました。

だから専業主婦でしたが、初めての土地で一人で出産・子育ても、引越しに伴う手続きなどもやってきて(夫は極めて多忙でほとんど家にいる時間が無かったし)、誰とでも仲良くすることが何かの時には助けてもらえることだと覚えました。

やがて夫は本社から動かなくなり、私は36歳にして始めての就職。
出版関係でしたから、残業・徹夜・出張が多かったんですが、家事も育児も手抜きしない約束をいろんな工夫で乗り切りました(身に付いた誰とでも仲良く出来ることで、皆さんに助けて貰いながらでしたがね~)。

24時間をどうやって使ってきたか、いまでは思い出せないくらい動き回っていましたね。

そんな仕事を辞めてまた専業主婦になり、もうお弁当もPTAも、なにも無くなったいまは、暇で~す。

いろんな生き方があり、夫の稼ぎを湯水のごとく遊びやグルメ、ショッピングに使っている人もいますが、その旦那様が奥さんをセレブチックにさせておくことが嬉しいのならそれもOKですしね。

何を言いたいんだか、グチャグチャですが、自分の道の中で自分が幸せを見つけていかなきゃぁ~ですね。

投稿: ば~ば | 2009年1月25日 (日) 15時54分

ば〜ばさん〜

ば〜ばさん、お忙しい日々を送られてたんですね。

専業でも転勤続きは人間関係変わったりで苦労、仕事持ったら働くのと家事子育てで目が回るようだったんじゃないでしょうか。

専業だとストレス発散場を見つけにくく、兼業だと忙しい。
どちらも難しい中で、ずっとやってこられたのは私にはカッコよくさえおもえます。

今は少し余裕も出来たようで、何よりです。
いつもブログ楽しみに見てますよー(^^)v♪
やっぱり料理作りだけ見てもスゴイ!!!

投稿: かわやなぎ | 2009年1月25日 (日) 16時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主婦って:

« 叫びの日 | トップページ | 町のパン屋さん »