« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

町のパン屋さん

町のパン屋さんが好きです

「町の」っていうのは何と言うか、今時のハード系のパンやデニッシュなんて置いてない、天然酵母でもない、素朴なパン屋さん。


甘いのは、あんパン、ジャムパン、クリームパンにあんドーナツ。
総菜パンは、コロッケパン、カレーパン、焼きそばパン。
コッペパンに好みでジャムやピーナツクリーム塗ってくれたり。

生地もちょっと甘くて。
食事っていうよりおやつパン。
学校の購買なんかのがイメージ近いのかな。


そんな懐かしい感じのパン屋さんが好きです。
もちろんおしゃれで種類も豊富なパン屋さんもいいけれど、ご近所さんに愛されてるパン屋さんが好き。


ただ、最近はあまり見かけなくなったような気がします

京都や東京に住んでるからかなあ。
学生時代にいた京都は、ほんとにオシャレなパン屋さんがいっぱいでした。

実家のあたりにはまだあるんだけどなあ。

今住んでるところもおしゃれなパン屋さんかチェーン系ばっかり


でも家から徒歩1分の通りに1件あるのがうれしい
ちょっと種類は少なすぎる気はするけれど(好物のぶどうパン置いて欲しい…)、おばあちゃんが売ってて息子さんが作ってます。
ちっちゃいお店だけど、お気に入り


P1000901_mini


野菜コロッケパン。
レタス飛び出てます


P1000905_mini

牛肉コロッケパン。
こっちは密かにキャベツの辛子マヨネーズ和えが入ってます。
これがまたパンとコロッケに合って旨いんだな〜

…え?
さっき「主食じゃなくておやつ」って言ってたじゃないかって?
コロッケパンおやつに2個食べたのかって?


いいんです、たまには!!

このパン屋さんがある通り、一応商店街なんです。
閉まってたりコンビニが進出してたり、あまり商店がずらりと並んでる訳じゃないんですが。

ついスーパーに行きがちだけど、やっぱりお肉屋さんのお肉や総菜、天ぷら屋さんの天ぷらは美味しい。
お店の人とのやりとりも楽しいし。
「奥さん、まけとくよ〜」
と言われたけど。まだおねーさんでーす。


こういう昔からのお店、無くならないで欲しいなあ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

主婦って

専業主婦ってなんて楽なんだろう、ってわりと最近まで思ってました。

実家の辺りは農家が多く、当然農作業も当たり前のようにやらにゃならんのです。
だから見てきたのは兼業主婦ばかり。


私の母は、娘の立場で言うのははばかられますが、本当に大変だったと思います。

寝たきりの姑とそのまた姑(私からしたら曾祖母)の介護があり、三人子供がいて末っ子の私はまだ小学生、親戚や近所付き合いも田舎だから面倒、家事は全部嫁の仕事。

そんな時期が数年間もありました(@_@;)


愚痴もこぼさずそれらをこなし、小さかった私には想像できないような苦労があったかと思います。

やかましい祖父(今でも健在)の、やかましい弟妹も8人いますが、皆母のことは「大変なのによく働くいい嫁」と誉めます。

5年弱の介護の後、祖母が亡くなった時は、「これでお母さんも楽になるだろう」と私は亡骸を見ながら考えてたのに、口うるさかった姑に苦労させられてきた母は涙を流していました。

私は未だにその時の母の心情を理解しきれていません。子供なのかな…( ̄〜 ̄;)


そんなわけで、家事をやってればいい専業主婦は楽だと思ってました。


でも実際にはそんな気楽な主婦って少ないのかも。

専業な分、「家事子育ては全部きちんとやって当然」と言われそう。以前私が思っていたように(・_・;)

専業で核家族でも、家事を全部やって家庭を守っていくのって、もっと讃えられてしかるべきなんじゃないか…今はそう思います。

皆より早く起きて朝食作って弁当作って掃除に洗濯……(〇>_<)
それだけでもきっちりこなすのは充分過ぎるほど大変。
しかも毎日しなきゃならないのですから。


家庭を持つことは、良いことも勿論沢山あれど、苦労が付き物ですね。
そんな中で日々を楽しく過ごせている方は、立派だと思います。

主婦は(兼業専業問わず)誇るべき素晴らしい仕事です!(b^ー゜)♪


ま、私はシュフにならずに終わっちゃいそうな予感もいたします。。
独身貴族か〜金ためにゃならんなヽ(´▽`)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

叫びの日

ぎゃあああぁぁぁーーーっっっ!!!

いきなり何だって感じですが…。
ただ昨日叫んでみたくなっただけです(ストレスもあるけどさ)。

どこかの誰かが決めた「ナントカの日」が毎日のようにあるんだから、「叫びの日」があったっていいんじゃないかと。

その日(昨日思ったから1月20日)は皆で叫びまくるのです。
町中で会社内でぎゃーぎゃーと。
「隣の山田さん、ぎゃー」
「部長!ぎゃー」

タノシソウ。


なぜかって?
 ただただそうしたかったから

一月二十日は
 みんなで叫ぶ日

    −かわやなぎ


アメリカにいたら支持か否か関係なく無駄に「オーバーマ!!」とかやってそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レジ袋、ゴミ袋

皆さん、スーパーのレジ袋って受け取ってますか?

最近はエコバッグが大分普及してますよね。
色んなデザインが出てるし。
私はネットショップのオマケで貰ったのを2つ持ってます。


でも実はあまり使ってません。

買い物が少量のときはバッグに直接入れ、多めの時はレジ袋貰います。

使ったレジ袋はゴミ袋として再利用。
よく使うスーパーのは透明だし、一人暮らしだと大きさも間に合い、ゴミを少なくするよう気を付けるので。

「レジ袋を貰わずに、ゴミ袋を買う」
「レジ袋を貰ってゴミ袋は買わない」

どっちがエコなんでしょう。はて。。


レジ袋削減方法で、なるほどと思ったことがあります。
家からちょっと遠いスーパーでのこと。

「レジ袋ご利用の方は、1枚4円でお買い求め下さい」

とレジ付近に張り出されてたんです。
そう、レジ袋の有料化を実践してたんです。

お客を見回すと、大体エコバッグや他のスーパーの袋を持ってきてるか、無料の段ボールに入れていました。

レジ袋不要の方は「○ポイント付加」「○円引き」します、というのはよく見かけます。
でも実際に有料化してる店ははじめて。

4円出すのかあ、と思うと、わずかな差ですがケチりたくなります。
5円引かれるより、4円出す方がなんだか癪じゃありません?(笑)

有料化って効果あるんだなと実感しました。


客足はスーパーなら案外問題にならないのかも。それ以上に品揃えや立地、価格が問題になりそう。
でもコンビニみたいなとこじゃ、客足以外にもこっそりレジで万引き…の可能性あって難しそうですね。

レジ袋の有料化、どうなんでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大館曲げわっぱ、飯ごう弁当箱

昨日に引き続き、お弁当箱シリーズです。

今回は大館曲げわっぱ。
ちょっと珍しい飯ごう型です。

P1000434_mini

上から見た所。

P1000437_mini

この形、作るの難しそうです。
二段あるし。丸いのより大変そう。
どうなんだろう。

分解図。

P1000438_mini

なかなかいい形で白木の香りも良いのですが、ちょっと大きいのと詰めにくいので出番は少なめ。
もったいないなあ。
観賞用もいいけれど、使ってこそのわっぱですよね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

すす竹行李&すだれ巻きおにぎり籠、結び紐付

久々のお弁当箱シリーズです。
今回は竹ごうりとおにぎりかご。
どちらも同じ所で購入。


まずは竹行李。

P1000411_mini


紐付きです。


P1000420_mini

P1000422_mini


さすが国産、網代編みもしっかりしています。


もっぱらおにぎり・卵焼き・プラスαの簡単なお弁当の時に登場。
クッキングペーパーやホイルをしいてもいいですが、やはりここは竹皮を敷くとベストだと思います。
おいしさもUp

P1000355_mini

こんな感じで。

もうひとつ、おにぎりかご。

P1000357_mini

分解図。
P1000359_mini

三角形のかごにすだれと紐がついてます。

この紐も(行李にも付いてます)、根付けがついていていいアクセント。
江戸打紐と言うそうです。
なかなかかわいらしい。

P1000361_mini

この二つ、特に竹行李の方は便利なのですが、難点が一つ。

竹とおにぎり海苔の匂いが混じって、なんとも食欲をそそるのです…

いいじゃん?と思われるかもしれませんが、高校時代は授業中にカバンからおいしそーな匂いが漂いココロを惑わされました。
しっかり小風呂敷で包んだりしないと危険キケン。


竹細工物は、外国産の安ーいものもありますが、すぐにササクレだったりカビたりします。
国産でもわっぱや漆塗りほど高くはないので、国産のちゃんとしたのをオススメします。

手抜きでも、ホイル包みより10倍オイシイおにぎりにありつけますよ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

無性に聴きたくなる

天城越えが聴きたいぃぃ〜


いや別に、彼氏となんかあったとか、略奪愛に踏み込んだとかじゃないですよ

確か大晦日の歌番で石川さゆりが歌ってるのを聴いて、なんか無性に聴きたい病が正月明けから発症したのであります。

いい曲ですよねえ。
演歌を超えて艶歌、怨歌、、情念炎上という感じです。


この前はたまたま「神田川」を耳にして、図書館へGOでした。
ポップスも歌謡曲もクラシックも借りられちゃうんですよ〜
神田川もいい曲です。
かぐや姫の曲は名曲ぞろいですね。

でも、

風呂屋に行って「一緒に出ようねって言ったのに……いつも私が待たされた」

とか、

24色のクレパス買って似顔絵書いてもらって、「上手く書いてねって言ったのに……いつもちっとも似てないの」

とか、

これはギャグなんだろうか…という歌詞が多かったりします。

謎。

あ、天城越えは一回してみたいです。くだらないこと好きなので。
どんなとこか知りませんが。

山が燃えたり戻れなくなったらやだけど(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ラ・フォリア

ラ・フォリアのCDの紹介です。

ラ・フォリアは元々舞曲で、昔はやったそう。

編曲も沢山ある旋律の変奏曲です。
ヴァイオリン習ってる人ならコレッリの曲、ピアノならラフマニノフの「コレッリの主題による変奏曲」でご存知の方も多いはず。
ラフマニノフは「コレッリの主題」と言ってますが、実際には「ラ・フォリア」の旋律を使った曲はそれ以前から色々あり、コレッリはその一例です。


昔の曲が聴けるCDとしては、こんなものがあります。

La Folia, 1490-1701La Folia, 1490-1701

販売元:Alia Vox
発売日:1999/02/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

第2弾として出た物。

Altre Follie, 1500-1750 [Hybrid SACD]Altre Follie, 1500-1750 [Hybrid SACD]

販売元:Alia Vox
発売日:2005/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する


'Altre Follie'は「他のフォリア」とかそんな意味だそうです。

どちらも美しいジャケットですね

コレッリやラフマニノフを聞いていると、フォリアの旋律は哀愁漂うイメージ。
ですが、’La Folia’や’Alte Follie’に収められている曲を聴くと、舞曲だったのが分かります。
打楽器入りだったり、リズムがあったり、ヴァイオリンもノってたり。

両方ともオリジナル楽器による演奏で、ヴァイオリンはもちろん、リュートなども入っていて、古風で雅な曲があります。


色々有名でない古楽の作曲家のが入ってます。
古楽好きさんにおすすめ。

Alte Folie の方には、おなじみコレッリや、ヴィヴァルディの曲もあります。
ヴィヴァルディも「ラ・フォリア」作曲してたんですね。
他の曲も、「へえぇ〜こんな曲もあったんだ」という感じ。

基本的にはどれも同じ旋律の曲が並んでいる訳ですが、哀愁漂うイメージだけじゃないんです


オーディオマニアではないので詳しくは語れませんが、どちらも良い録音だと思います。
繊細な音まで聞き取れますよ


古楽及びオリジナル楽器好きさん、コレッリの主題に興味がある方、一度お聴きになってみてはいかがでしょう

新しい発見があるかもしれませんよ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おせちの続き

おせち料理、我が家風のがまだありました。
「ピーナッツなます」です。
写真を撮り忘れてしまったんですが、大根と人参のごくごく細ーい千切りのなますに、ピーナッツをすったものを入れます。
これが定番。

普通のなますも私は好きですが、家族は酸っぱいの好きじゃないので、コクがあるピーナツなますが好きなようです。
おせちじゃなくても普段作れれば良いのですが、殻剥きが大変なので人員がいる正月のみ


我が家流と言いましたが、ネットで検索してみると結構あるようですね。

こんなのが近いかな↓

ベターホームの「ピーナツ入りなます」レシピ


酸味が苦手でもこれはまろやかでイケルと思います。
ピーナツの食感もいい感じ。
来年のおせちにでも、いかがでしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

皆様、明けましておめでとうございます。
どんなお正月をお過ごしでしょう?
私はおせちと餅の食べ過ぎで体重増加でございます。

早速、食べたおせちを。
今年はお重に詰めず大皿に盛りつけるだけでした。


まずは、お煮しめ。
006_mini

ちょっと変わっているところは、レンコンを一節丸ごと甘じょっぱく煮たものが入ります。
実家がレンコン農家なので。
これは切ったもの。
005_mini

黒豆、きんとん。
黒豆は、豆から自家栽培です。
丹波のように大粒ではありませんが、味はオイシイですよ
うちはしわを寄せずふっくら煮ます。
004_mini

蒲鉾、伊達巻、錦卵。
生協で買ったものですが、お正月は奮発して良いものを
しっとり美味。
007_mini

自家製焼豚も作りました。
八角をきかせるのが我が家流。
甘いおせちに一品あるといいですよ。
011_mini

今年はお客が多く来たりでおせちはこれくらい。
例年は宝袋(油揚に8種類具を詰めて煮る)なんかも作ります。

お雑煮は基本関東系ですが、二日には白みそ仕立てを食べます。
好きなので。


関東風、大根・人参・なると・鶏肉を一番出しで。餅は角餅。
普段はだしの素ですが、お正月はきっちりダシを取ります。やっぱりおいしい〜
013_mini


関西(京都)風。白みそに八ッ頭(右下の丸いの)。
皮を剥くのが大変ですが、やっぱり普通の里芋や頭芋じゃなく八ッ頭が一番。
014_mini

野菜はほぼ自家栽培です。お餅も臼と杵でついたもの。
農家はこういう時いいですね。
美味しい素材があるんですもの。

ふ〜いっぱい食べてきました
お正月太り、してませんか?
おせちも餅も大好きだと危険です。

最後になりましたが、ことしもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »