« BCJのメサイア(2008.12.23、サントリーホール) | トップページ | 暮れですね »

クリスマスプディング〜

皆様、どんなクリスマスだったでしょう?

特別何もしなかったとか、子どものためにケーキ焼いたとか、混雑した店に行ったとか、色々ありそうですね。

私は今年は食べるケーキが決まっておりました。
例のアレです。
クリスマスプディング


24日に食べるはずが、フライドチキン食べて眠くなってぐーすか寝てしまい、25日に

いかにも重そうなので、スーパーのローストチキンレッグ(と言っても多分に日本向けされた焼き鳥味なんですけど…)と野菜だけ食べて、いざ。

P1000796_mini


まずは、保存してたのを2時間かけて茹で、温めます。
作る時も12時間茹でたのに、さらに2時間…。
イギリス人はなんて煮るのが好きなんでしょう。

温まりました。
お皿にどーん。

P1000894_mini


見た目は黒々してアヤシイ物体ですが、匂いはドライフルーツとラムの濃厚な香り。
マズくはなさそうです。

でも。
あの原材料(プルンとした牛脂)と製造過程のニオイを知っとる私としては、なんとなーく抵抗あるわけですよ。
まあ挑戦するんですが。


とりあえず、1/4に切り分けて、カスタードソースをかけます。
イギリスではカスタードソースの素みたいなのも売ってるようですが、日本じゃありません。
もちろん手作り。
ラム酒入りの良い香り〜

ちょっと蘊蓄を言いますと、カスタードソースはイギリス生まれだそうです。
フランス語では Anglaise Sauce 、つまり「イギリス風ソース」。
イギリスが誇れる料理(?)の一つですね。

P1000896_mini

中まで黒々。
なんじゃこりゃ。

肝心の味は…
思ったほどクドくありません。
食感はむちっとした感じ。
ドライフルーツは普通アクセントですが、このプディングは生地と渾然一体となっております。
フルーツ入りケーキじゃなくて、なんかフルーツの塊です。

しっかし甘い
ソースのおかげで甘みがやわらいで食べやすくなります(注:甘さ控えめのソースではありません)。
ドライフルーツの塊みたいなものだから当然か。。

このへんになると、牛脂への抵抗も忘れてきます。
まあ美味しくはあるんですよ。

1/4ずつ2人で食べて、まだいけそうだからと残りの半分も食べちゃうことに。


…これがいけなかった。
最初の1/4がだんだん胃にずしりと来始め、一口一口がズシーンズシーン。


1日経った今でも残ってる感じです。
考えてみりゃ、ドライフルーツにパン粉に脂ぎっしり、そりゃ腹にたまるわな。

これで作った量の1/3を消費しました。
そう、あと2個あるのです。
1個はイースターに食べて、もう1個は来年まで熟成させてみるか、とも考えてます。


でも。
決してマズくはないけれど。


かわいい飾りののったブッシュ・ド・ノエルとか、

夢見る生クリームたっぷりショートケーキとか、

ちょっと変わってアイスケーキとか、


せっかくのクリスマスには、そんなものが食べたいとも思うのですよ…


日本って、色んなおいしいケーキが選べて幸せですよねえ。
他の国でもフルーツケーキぽいものが定番みたいだし、日本がもしかしたら一番華やかで美味しいもの食べてるかも。

西洋文化の伝統がない所は、ある意味利点です。

|

« BCJのメサイア(2008.12.23、サントリーホール) | トップページ | 暮れですね »

食べもの」カテゴリの記事

コメント

私も楽しみにしていたこの瞬間!
迫力ありますね。

そうですか、甘いのですか。
さすが、イギリスなのかな。
そして、柔らかいんですね。
ふむふむです。

本場ってかんじのいいもの見させていただきました。やっぱり、一口ぐらいは食べてみたい・・・

投稿: りお | 2008年12月26日 (金) 22時43分

迫力ありますねさすがに
美味しい保存食として
熟成してみることができるのが素晴らしいと思います
ごちそうさまです〜
缶詰のしか食べたこと無いから
味わってみたいなとは思うけど、作っちゃうかわやなぎさん、すーごーい

投稿: ras4 | 2008年12月26日 (金) 23時33分

一度食べたことがあるんだけど、忘れていた味が少し蘇りました。

譬えは違うけれど、日本で言えばハレの日の「押し寿司」みたいなもので、ぎゅっと押し込まれたご飯の量は、小さな寿司に見えてもお茶碗2杯分とかですものね。

当分は食べようという気が起きないかしら。

☆ところで、最近、ココログ同士の通信が重くないですか。
どこのココログブログに行っても、開くまでが遅くって(私のところもそうらしい)。

投稿: ば~ば | 2008年12月27日 (土) 14時01分

かわやなぎさん、こんにちは!!
おぉ~、クリスマスプディング、とっておきのが遂に出ましたねー\(^o^)/
食べる直前に、更に2時間も茹でるなんて!!
すっごいですね~~、なんか想像も付かない味で
とっても興味あります。一口でいいから食べてみたいですよ('▽'*)

私は定番ですが、スーパーでチキンの照り焼きを
買ってきて、ブッシュドノエルを食べましたよ♪
クリスマスや正月は食べる機会多いですから、
体重がやばくなりそうです~~(^^;
見るのは太りませんから、また美味しそうな記事を
楽しみにしていますねっ☆彡

投稿: さほ | 2008年12月27日 (土) 14時12分

りおさん〜

なかなか甘かったですよー。
カスタードソースも特別砂糖控えめじゃないのに、甘く感じないくらい。
食感は「むちーっ」と「ねちゃっ」の間ぐらいでしょうか。

一口は食べてみたいけど、一個はきついなあ、という代物でした。

投稿: かわやなぎ | 2008年12月27日 (土) 20時37分

ras4さん〜

皿にドンッと出した時は重さと色でかなりの迫力です。
1ヶ月ではそんなに熟成してないかも。
数ヶ月置いてどんな味になるか楽しみです

料理やお菓子は、怪しげなものを見るとつい作ってしまいたくなります。
あ、でも美味しいものもちゃんと作ってますよ

投稿: かわやなぎ | 2008年12月27日 (土) 20時43分

は.迫力~.
牛脂ってところが,想像しながらだと食べられないよね.作った記憶がなくなった頃,もしくは人にもらって食べるとすっごく幸せそう.
一気に食べるより,毎日少しずつ薄ーく切って紅茶と合わせたりするとよさそう.うらやましい.

投稿: chiharu | 2008年12月27日 (土) 20時49分

ば〜ばさん〜

なるほど、確かに押し寿司のようにギュギュッと詰まってますね。
おめでたい時にはいっぱい食べたいから?
面白い繋がりですね〜
プディングはこれからしばしお腹のお休み期間&熟成期間です。

ココログどうし、私はサクサク行けるんですが…
macなのでブラウザの違いとかでしょうか(Internet Explorerじゃないので)。
重いのは面倒ですね

投稿: かわやなぎ | 2008年12月27日 (土) 20時52分

さほさん〜

あまり美味しそうなものじゃなくて恐縮です
まずまずの味ではあるんですが、日本人好みじゃないかなあ。

クリスマス菓子、ドイツのシュトーレンやイタリアのパネトーネなんかにも挑戦してみたいです

投稿: かわやなぎ | 2008年12月27日 (土) 20時59分

chiharuさん〜

確かに、一般的な日本人にはちょっとずつ、お茶請けみたいに食べるのがいいかも。
やっぱりイギリス、コーヒーより紅茶に合う味。
食べてるとだんだん牛脂への抵抗感もマヒしてくるよ
ゲテモノでも色んなものが食べれるのはシアワセだね〜

投稿: かわやなぎ | 2008年12月27日 (土) 21時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスプディング〜:

« BCJのメサイア(2008.12.23、サントリーホール) | トップページ | 暮れですね »