« 愛用ヴァイオリン | トップページ | 福山雅治と若山牧水 »

ルービンシュタインのショパンとXRCD

ショパンって苦手です。
なんだか、
「男らしくキリッとせんかい!!」(ジェンダー問題には触れないで下さい…)
とか言いたくなってしまって。
まあそう言ってもベートーヴェンやブラームス交響曲1番みたいの苦手ですけどね…。

そんな私が数少なく好むショパン演奏が、アルトゥール・ルービンシュタインのもの。ユンディ・リのような、
「ショパンはこうでなくっちゃ
的なきらびやかな演奏ではありません。
男気あふれるショパンとでも言いましょうか。
ショパン苦手な人には、一度聞いて頂きたいです


で。

ルービンシュタイン・ショパンのCDならどれが好きか。
ぜっったいコレを推します。

ショパン:ピアノ・ソナタ第2番「葬送」&第3番 [xrcd]ショパン:ピアノ・ソナタ第2番「葬送」&第3番 [xrcd]

アーティスト:アルトゥール・ルービンシュタイン
販売元:日本ビクター
発売日:2003/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


XRCDという、ふつうのCDプレーヤーで聞けるけど超高音質な、ビクターのスンバラシイ技術のCDです。


安いからって間違っても

ショパン:ピアノ・ソナタ集&幻想曲ショパン:ピアノ・ソナタ集&幻想曲


アーティスト:ルービンシュタイン(アルトゥール)

販売元:BMG JAPAN

発売日:2007/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する


↑コレを買っちゃあいけません
iPodで圧縮した音を聞いても違うんです。

2番の葬送行進曲のゾクゾク感、3番の終楽章の気が狂いそうなほどの緊張感。
同じ録音でも、全然違います。


高音質と言えばSACDが全盛ですが、私はXRCDが好きです。(SACDプレーヤーも持ってるけどさ)
2つの違いを素人感覚で言いますと、

 ・SACD…繊細で細かい音まで正確に拾う。全ての音をもらさず、精密機械的。専用プレーヤーが必要なのが難点。

 ・XRCD…「正確さ」以上に「臨場感」に重点を置いている。目の前で自分のために演奏されてる感じ。普通のCDプレーヤーで再生できるのが利点だが、お値段がはる上種類も少ない…

です。


詳細、発売リストはこちらで。
XRCDのHP

All about オーディオ・ビジュアルの紹介記事


いい録音もいっぱい出てるけど、もっともっと出して〜〜というのが願いです。
Victorさん、素晴らしい技術をお持ちなのだから頑張って

<その他、おススメXRCD

ルービンシュタイン、ラフマニノフ2番かっこよすぎ!!

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/リスト:ピアノ協奏曲第1番 [xrcd]ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/リスト:ピアノ協奏曲第1番 [xrcd]


アーティスト:ルービンシュタイン(ピアノ),シカゴ交響楽団

販売元:日本ビクター

発売日:2004/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


古楽器好きですが、モダン楽器のコレ↓は愛聴してます。

バッハ:管弦楽組曲第1番&第2番 [xrcd]バッハ:管弦楽組曲第1番&第2番 [xrcd]


アーティスト:ジャン=フランソワ・パイヤール

販売元:日本ビクター

発売日:2005/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


バッハ:管弦楽組曲第3番&第4番 [xrcd]バッハ:管弦楽組曲第3番&第4番 [xrcd]


アーティスト:ジャン=フランソワ・パイヤール

販売元:日本ビクター

発売日:2005/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


特別好きじゃない曲が大好きになった1枚。
3・4楽章、これぞXRCDナリ

サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」(XRCD+SHM-CD)サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」(XRCD+SHM-CD)


アーティスト:ボストン交響楽団 ミュンシュ(シャルル)

販売元:ビクタークリエイティブメディア

発売日:2008/08/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 愛用ヴァイオリン | トップページ | 福山雅治と若山牧水 »

CDなど」カテゴリの記事

コメント

私ね、クラシックのレコード(CDじゃないですよ、LPレコードで~す・・・歳だね)たくさん持ってるの。
それを聞くためにプレーヤーも大事にしてるんだけど、そろそろダイヤ針の調達がね。

平凡ですがビバルディが好き。

投稿: ば~ば | 2008年12月 1日 (月) 10時02分

たびたび,かわやなぎっちのブログを見て情報を入れるですよ.うーむ,まだ音の違いにたどり着けない若輩者です・・・.耳が,うらやましひ.

投稿: chiharu | 2008年12月 1日 (月) 22時29分

ば〜ばさん〜

LPは今でも愛好してる方いらっしゃいますよね。
一度知人の蓄音機(!)で聞いたことがありますが、音質より、音の暖かみに惹かれました。
でも針の調達は難しい、とやはりその人も言ってました。

ちなみに、XRCDはLPの音に似ているらしいです。
暖かみのある音で、好んでいます。

投稿: かわやなぎ | 2008年12月 2日 (火) 00時30分

chiharuさん〜

暇な時にでも覗きにきてね〜
音の違いはわかるよきっと。
なにせ耳鳴り持ちの私ですらわかるんだから。
ぜひぜひxrcdを購入して、ビクターを応援しませう。

投稿: かわやなぎ | 2008年12月 2日 (火) 00時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルービンシュタインのショパンとXRCD:

« 愛用ヴァイオリン | トップページ | 福山雅治と若山牧水 »