« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ウインナーのおいしい調理法(レシピ?)

ウインナー・ソーセージ、どうやって食べてますか?

ボイル、フライパンでグリル、フォークで穴をあけてトースターで焼く、なんてのもありますね。
かける・添えるものも、塩・コショウしたり、マスタードを添えたり、ケチャップだったり。

私の場合ボイルが多いです。
理由は楽だから。コロコロ転がさなくていいし、茹であがるのも3分くらい。
茹でたてのシャウエッセン(重要)に、ディジョン(重要)の粒マスタード、おいしい~。

フライパンでパリッと香ばしくグリルしたのも好きです。
シャウエッセンは断然ボイルだけど、他のならグリルが多いかも。
おいしいけど高いので、いつもシャウエッセンとはいきませぬ。

グリルの場合、おいしくするためのちょっとしたコツがあります。
中火でじっくり、なんて加熱方法のことではありません。
レシピ、と呼べるほどのものでもないんですが…

コツはおいしく焼き目がついたあと。

こんがりしてくると、ウインナーから脂がしみ出てくると思います。
もし余りしみ出てなかったら、少し表面全体にからむ程度のサラダ油を足します。

そこに、塩・あらびきコショウ。
パウダーではイケマセン。コショウは多めがおいしいです。

塩コショウしたらもう1、2分コロコロ転がしながらグリル。

以上。

これだけなんですが、グリルした後に振りかけるだけとは全然違うんですよ。
ミルで挽きたてなんかじゃない市販の粗挽きコショウでも、風味がぐっと引き立ちます。
塩も香ばしくなるような。

ある程度脂がまわってないと、塩コショウが全くからまず、フライパンにだけ残ってしまいますので、お気をつけを。

香ばしさとピリッとした辛さが増すので、お弁当で冷めたのを食べる時にもおススメです。
夕食で出したら
「ビールが欲しくなるぅ~っ」
といわれること間違いなし。

ウインナー&粗びきコショウ好きさんには、ぜひ試して欲しい食べ方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からだにやさしお

「やさしお」。

P1000528_mini


味の素から出てる健康塩です.。
体にやさしいから、やさしお。
健康塩てナニ?と思ったら、ナトリウム量が1/2なんだそうです。

カロリーゼロの甘味料や飲料は普及してますが、塩分はその点遅れてますね。
甘みのある物質の方が多いのでしょうか。

塩化ナトリウム減らすと当然塩味が薄くなります。
で、おなじく「塩味」をもつ塩化カリウムで代用。
さらに、塩化カリウムは苦みがあるので、味の素お得意のグルタミン酸(うまみ成分)で緩和してるのだとか。

詳しくは商品ページで。
http://www.ajinomoto.co.jp/yasashio/


カリウムはナトリウム排泄に一役買うし、ナトリウム自体減量できてて、「おいしければ」いい商品じゃん〜。
と、別に減塩食してるわけでもないけれど、モノは試しに買ってみました。

メーカーがどーんと胸を張るポリグルタミン酸のお味は如何にっ。


・・・マズっ


まずは白ごはんにかけて食べたんですが、これがまあ…まずいのなんのって。
食卓塩(にがりなどが入ってない精製されてる塩)の方がマシ。
塩味以外の味がありすぎてウエッとなります。
ポリグルタミン酸とカリウムが攻防してます。まとまりのない味。

(普段使ってるのは高級塩ではなく、「赤穂の天塩」です。念のため。)


料理に少量なら、まあ使えます。

でもホームページにあるような「おにぎりに♪」「トマトにかけて!」
などというシンプルなものは、とてもとても無理ですねえ。

もしかしたら、味の素をばんばん使う人ならいけるかも。あとアジシオを使い慣れてる人。


私の家は、味の素のような旨味調味料が嫌いで、小さい頃から使わなかったんです。
だしの素やコンソメは普通に使うので、添加物にものすごくうるさい訳じゃないんですけれどね。
ごはんや漬け物、料理の味付けに、旨味調味料そのものをかけるのは抵抗があります。


減塩の基本は薄味なのだ、と思い知らされました。
なかなか救世主は現れません。

味が濃いものと薄いもの、自然に食べたいものをたべてたらバランスよくなるんですけど。
しょっちゅう偏ったりもするもので。
オイシイ誘惑にも弱いし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゆずこしょうふりかけ

ごはんがおいしいです。
新米出て来てますしね。

よく白米での味や食感の違いは聞きますが、玄米ごはんでは聞きません。
なので、何種類かのお米を、玄米ごはんで食べ比べてます。
そのうち、結果を書きたいと考えてます。
少量ずつ買う一人暮らしならではの楽しみです。
でもなかなか玄米何種類も置いてる店って、ないんですよねえ。

さて。
ごはんにあまりふりかけってかけないんですが、最近気に入ってるものがこちら。

P1000506_mini

ゆずこしょうふりかけ。
熊本のフタバというふりかけメーカーさんから出てる商品です。

ごはんと柚子胡椒って合うのか?といぶかしがりつつ買ったのですが。

がっっ、合うんですよコレが!!

柚子胡椒の香りとピリッとした味が引き立ってて、かつ切り昆布や白ごまで旨味を補ってて。
ふりかけとして上手くまとまってるんです。
まさに「大人のふりかけ」。

P1000515_mini

↑黒くて細長いのが昆布、緑っぽいフレークとうっすら緑のふりかけ粒が柚子胡椒味。

ふりかけというと海苔が決め手、という印象がありますが、これには海苔は入っていません。
海苔だと柚子の香りとぶつかるから、昆布なんでしょうね。
大正解の選択。

P1000511_mini

↑くせになるなる

この商品、うちのあたりでは系列違うスーパーでもだいたい置いてます。
マイナーそうですが、人気あるのでしょうか。

柚子胡椒を始めて食べたのは、学生時代でした。
京都に住んでて、お店でうどんの薬味として付いてきたんだと思います。
関東育ちだと(たぶん)見慣れない薬味をちょびっと付けたら、普通のうどんがなんとも美味に!
今はお菓子や外食メニューにも「柚子胡椒風味」ってありますが、10年前の関東ではなかった気がします。

とにかく、柚子の爽やかな風味とぴりっとした辛さに、七味と違うオイシサを感じてハマり、スーパーで買って色々料理に使ってましたっけ。
でもまさかごはんにかけようとはしませんでした。

ゆずこしょうふりかけ、地味に頑張って欲しいです。
スーパーで見つけたら、ぜひお試しあれ。

P1000512_mini

↑あんまりかわいくないキャラ。
キューピーとか、ビスコとか、微妙にかわいくないキャラって長生きな気が…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

親知らず、その後

今週の月曜に親知らず抜きまして、経過は順調です。
もう痛み止めもいりませんし。
ぱくぱく食べれます。

…そう、抜いた日からぱくぱく食べれたんですよ。

しばらくお粥やゼリーみたいなのばかりかと思って覚悟してたもんですから、うれしくてどんどん食べてしまいます。
秋っておいしいもの多いですもの。
米、秋刀魚、きのこ、お芋、梨、柿などなど…

結果、体重増えてました。
1キロくらいは誤差もあるし、とそんなにピリピリしない方ですが、明らかに増えとります。

来週反対側を抜く時は、多少痛い思いをした方が良いのかもしれません(笑)

さ、今日の夜は何にしようかな♪


  腹八分 十分食べても まだ入る

            ーかわやなぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラームス:4手のためのピアノ曲全集 (Brahms : Four Hand Piano Music)

CDのことでも書こうと思いまして。
何からにしよう。
好きな演奏家のもの?
思い入れがあるCD?
おすすめの曲?

迷った結果、「最近買っちゃったもの」を。iTunesでダウンロードですが。

ブラームスの4手のためのピアノ曲全集、NAXOSから出てるシリーズです。
演奏者は Silke-Thora Mattthies & Christian Köhn (ジルケ=トーラ・マティース & クリスティアン・ケーン)。
このシリーズは全てこのデュオが演奏しています。

現在おそらく第17集まで発売中。
交響曲や室内楽の編曲、4手ピアノが元になった曲などを取り上げてます。
こういう企画はNAXOSならでは。とにかく網羅。

このシリーズ、ピアノ協奏曲1番や交響曲3、4番は「1台4手(連弾)版」と「2台ピアノ版」の両方録音してたりするんですよ。
私はまだ一方ずつしか聞いてませんが、聞き比べたい。うずうず。
そこまで自分の曲を編曲するブラームスがマニアックなのか、CD作っちゃうNAXOSがマニアなのか、買っちゃう人がそうなのか。

今回買ったのは、第13集・弦楽六重奏曲第1番、2番。

Brahms: Four Hand Piano Music, Vol. 13 Brahms: Four Hand Piano Music, Vol. 13

販売元:Naxos

発売日:2005/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(↑ iTunes Music Store、NAXOSのカタログサイトで視聴できます)

精神的に疲れると、ブラームスの室内楽が聞きたくなります。
このところぐたーっとしながら、ピアノトリオや弦楽〜重奏なんかを聞いてまして。
で、有名な六重奏曲1番を何種類か聞いてたら、
「NAXOSのピアノ版も聞きたいなあ」
とふと思って、ダウンロード。
そこそこしたCDプレーヤー&ヘッドホンでじっくり聴きたい曲はCDを購入しますが、ちょっと聞きたいくらいの曲は(できれば)ダウンロードしてもっぱらiPodです。

で、このCD。弦楽だけのをピアノで弾くのは利害どちらもあります。
伸びやかな音やビブラートは弦の良いところ。
透明感のある音や和音の濁りが少ないのはピアノの良いところ。

第1番、Op.18。

第1楽章は意外にハマってていいです。
冒頭なんてピアノトリオ1番を思い起こさせるような幸福感が出てます。
連弾の不自然さも少なく、よくまとまっている感じ。

有名な第2楽章はやっぱりきついなあ。
あの演歌と言うか歌謡曲チックな湿り気の間に、「救い」のような美しいメロディーが入ってくる。
それが好きなんですが、この楽章はピアノ向きじゃない。リズムの問題もあるでしょうね。

第3楽章スケルツォ。これは連弾向きですね。
長調のスケルツォってだけで楽しそうですもん。

第4楽章もまた美しいフレーズから始まります。
ピアノの透明感と転がすような音が心地よく。
編曲っぽさは否めないものの、全然アリの範囲。

第2番も悪くないです。特に2楽章の静かで哀愁漂う部分とか、3楽章のリズム感とか。
でも好きな1番を中心に聞いてしまうんですよね。

この「4手のための〜」シリーズ、曲は好きなのに弦は苦手とか、もっとシンプルにオケの曲を聞きたいという方にいいかもしれません。あと連弾好きさん。
私は単なる興味本位です(笑)
気づけば今発売されてる17集のうち10集も所有…。
いや、NAXOSの煽り文句(CDのオビや、視聴できるホームページ上の解説)がイイのですよ。

「強奏の保続音が頻出するような場面では、ヤケクソにならざるを得ないところもありますが(それもまた一興!)」(ピアノ協奏曲連弾版)
「数多くある交響曲の中でも最も『コテコテに暑苦しい』というに相応しい、熱っぽい展開が魅力のブラ1をピアノ連弾で弾いたらどうなるか? その答えがここにあります。」(交響曲第1番)

などなど…。売る気があるんだか、ないんだか。
取りあえず面白くて私のツボです。

NAXOSの魅力は廉価版で色々聞ける(しかもそんなに悪くない演奏)だけではないのですよ〜
この解説のくだらなさと言ったら! もうファンですよ。
まじめなのも多いですが、どうもブラームスのはヘンなのが多いです。
NAXOSの前を通ったら、ぜひオビをチェックしてみて下さい。
コレ書く人になりたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親知らず抜きました。

左上の親知らず、抜いてきました。

子どもの頃、兄が矯正のためにまだはえてないのを全部抜きまして。
3日間は痛みで部屋で寝たきり・顔を合わせることもなく、一週間以上ろくに物を食べれない状態…
しかも2本ずつ×2回。両方とも大変でした。

のでかなり恐れを抱いていたんですが、20歳ころからニョキニョキ3本はえてきまして。
親元気なのに〜
割とまっすぐ出てたので、ずるずる抜歯から逃げていたら、先週から歯は痛くないけど顎関節症に…
噛み合わせで負担がかかっていたようです。

半年ほど前に抜いた知り合いから、
「○○病院の○○先生は、ほんとあっという間に抜いてくれるのよー。神業みたいに、えっもう?みたいに。紹介するわよー。」
と聞いていたので、案外恐くないかもと抜歯の予約。
遠くまで行くのも面倒なので、かかりつけの歯医者さんで。

抜くと決まったらこの1週間、恐いながらも楽しみでしょうがありませんでした。
あーもうスッキリしたい!

麻酔が効くまでの間、先生と雑談をして
「今日は先生のどんな素晴らしい妙技が見れるのか楽しみです!」
とささやかにプレッシャーかけてみたり(やな患者)。

で、いざ抜歯。
器具を口に入れて、
「痛くはないですが押される感じや音がします。あまり気持ちよくはないかも。」

そりゃそうだ。メリメリとかバキッと頭に響いてリラックスする人いないっすよ(;´▽`A``

と、ぷぷっと笑いそうになってる間にかすかにメリッと音がして、

「はい抜けましたー」

え?えええ?
押される感じも音もほとんどしませんでしたよ?

でもトレーの上には、しっかり根っこまであらわになった親知らずが1本。
診療時間30分のうち、麻酔効くまで10分・抜歯1〜2分・止血15分。

神業どころかあっけなく終わってしまいました。
物足りないくらい。
上の歯で、はえ方問題ないとこんなもんなんですねえ。
朝イチで行って、痛み止めは飲んでるものの抜いた側じゃなきゃ普通に食べれます。
レトルト粥も飲むゼリーも用意したのに〜

ただ、血餅(柔らかいかさぶたみたいなもの)がはがれると大変らしいのでそれは注意。
来週には反対側も抜く予定。無事に済みますように。

↓歯医者さんが親知らずを入れてくれた袋に貼ってあったシール。かわいいけど、もう頑張らなくていいよ。

P1000495_mini

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲げわっぱ弁当箱

お気に入り弁当箱その2。
シンプルな1段の曲げわっぱ。確か木曽で購入。
こちらも10年もの。

P1000309_mini

継ぎ目もアクセントになっていい感じ。

P1000303_mini

どうしてもド素人デジカメでは色合いを表現できません。
すり漆が赤すぎず、白すぎず、木目が美しく見える色合いです。
写真1枚目と2枚目の中間くらい?
たけのこ弁当箱より赤みが強いです。

長年愛用してるので、漆が少ーしはげかけてきてます。
角のあたりとか、表面のぶつけた傷の部分とか。
傷がつくのは哀しいけれど、でもその分木の香りがしてくるのが良いところ。

いたってシンプルで、蓋をかぱっとかぶせるだけ。

P1000302_mini

大きさは、直径13cm/高さ7cm。
一見「デカっ」とは思われないけれど、深さがあるので中々入るんですよ。
そしてたけのこ弁当箱よりさらに詰めにくい…

ごはんを半分ぎゅうぎゅうに詰めて、おかずを半分、が普通です。
時間がある時には、ごはんを小さめの三角おにぎり2個にしたりも。
そうするとごはんが崩れゆく心配もなく、見栄えも良くなります。
これは深い弁当箱ならでは。

お月見風に。(センスないなあ…)

P1000312_mini

コーディネイト力も磨かないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »